野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュの“速球攻め”に脱帽 敗退の敵将「卓越したボールを持っている」

ダルビッシュの“速球攻め”に脱帽 敗退の敵将「卓越したボールを持っている」

好投したドジャースのダルビッシュ有投手に対して、Dバックスのトレイ・ロブロ監督は「彼はまたしてもグッドジョブ」「卓越したボール」と脱帽した。

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

6回途中1失点の好投でPS初勝利「グッドジョブだった」

 ドジャースのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第3戦で5回0/3を2安打1失点7奪三振と好投し、ポストシーズン(PS)におけるキャリア初勝利を飾った。デスカルソのソロ弾で1点を返すのがやっとだったDバックスのトレイ・ロブロ監督は「彼はまたしてもグッドジョブ」「卓越したボール」と脱帽。試合は3-1でドジャースが勝利し、ナ・リーグ優勝決定シリーズに駒を進めた。

【PR】ダルビッシュを観るなら「DAZN」! 今なら無料視聴可能、MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 シリーズ2連敗で第3戦を迎えたDバックス。本拠地チェイス・フィールドの観衆4万8641人は、ダルビッシュの圧巻のピッチングに次第に声を失っていた。安打は初回のマルテのセーフティーバントと、5回のデスカルソのソロ弾のみ。その間、13打者連続をアウトを喫し、4回先頭のマルテから5回先頭のラムまで4者連続三振を喫する場面もあった。

 ダルビッシュは6回の先頭打者ウォーカーを迎えたところで、6球目が内角高めに浮き、バットのグリップエンドに直撃。ダイヤモンドバックスは死球だとしてチャレンジするも、判定は覆らず。しかし、8球目の94マイル(約151キロ)が今度は頭部付近へ。ヘルメットに直撃し、ウォーカーは倒れ込んだ。頭部死球を与えたダルビッシュは、ここで降板。敵地のファンから大ブーイングを浴びながらマウンドを降りたが、ダイヤモンドバックスは結局崩し切れず、前田健太らドジャースリリーフ陣の前に沈黙を余儀なくされた。

「完全に似たような結果になってしまった。彼は(前回登板で)球数がかさんだ。あの時は3、4失点し、何回か失投もあった。しかし、彼はとても攻撃力の高いチームを抑えていた。そして、今日もまたしてもグッドジョブだった」

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬