野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大力投もヤンキース打線沈黙 ジャッジ悔い「タナカは偉大だった」

田中将大力投もヤンキース打線沈黙 ジャッジ悔い「タナカは偉大だった」

ヤンキースの田中将大投手が13日(日本時間14日)に敵地で行われたアストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第1戦で6回2失点と力投しながらも負け投手となった。投げ合った相手エース左腕カイケルが7回無失点と好投。打線はアストロズの投手陣に1点のみに封じられ、1-2と初戦を落とした。それでも大一番でクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)と力投した日本人右腕には、両軍から評価する声が上がっている。ヤンキースの球団公式サイトがレポートしている。 

アストロズ戦に登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
アストロズ戦に登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

マー君初戦黒星も両軍から評価の声 

 ヤンキースの田中将大投手が13日(日本時間14日)に敵地で行われたアストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第1戦で6回2失点と力投しながらも負け投手となった。投げ合った相手エース左腕カイケルが7回無失点と好投。打線はアストロズの投手陣に1点のみに封じられ、1-2と初戦を落とした。それでも大一番でクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)と力投した日本人右腕には、両軍から評価する声が上がっている。ヤンキースの球団公式サイトがレポートしている。 

 3回まで両投手とも無失点と好投を続けていたが、田中は4回1死からアルトゥーベに二塁内野安打を許すと、二盗された直後に4番コレアの左適時打で1失点。2死二塁から元DeNAグリエルにも中前に適時打を運ばれ、この回2点を先制された。 

 だが、田中が失点したのはこの場面だけ。5回、6回と追加点を許さず、味方の援護を待った。しかし、ヤンキース打線はカイケルの前に7回10三振を喫して沈黙。9回、アストロズ守護神ジャイルズからバードがソロ弾を放ったが、最後まで追いつくことはできなかった。結果的に4回の2失点が勝敗を分けた。 

 ヤンキース球団公式サイトは田中の投球を両軍の選手が評価している様子をレポート。ジャッジは記事の中で「彼は偉大だった。彼が苦しんでいたのはあの1イニングだけだった」とその投球を称賛し、「彼はストライクゾーンを攻めていた。上手に球を織り交ぜていたよ。でも彼らは2点を奪うことができた。そして僕たちは、彼をサポートすることができなかった」と1得点のみに終わった結果を悔やんだ。ジャッジは5回2死一、二塁の好機で左前安打を放ったが、相手左翼の本塁へストライク送球で二塁走者が本塁憤死。ここで得点できていれば、流れは変わっていたかもしれない。 

人気記事ランキング