野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1軍と2軍の差を痛感した瞬間 NPB通算10万号を被弾した若き左腕の思い

記録を達成する者がいれば、達成をされる者もいる。今年のシーズン終盤に注目を集めたプロ野球通算10万号本塁打の記録。それは9月29日、ZOZOマリンスタジアムでのマリーンズ対バファローズの一戦で生まれた。打って一躍、時の人となったのはバファローズのクリス・マレーロ外野手。そして打たれたのはこの日、プロ初勝利を目指し、プロ初先発のマウンドに上がった成田翔投手だった。

ロッテ・成田翔【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・成田翔【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

10万号を被弾したロッテ左腕・成田の思い

 記録を達成する者がいれば、達成をされる者もいる。今年のシーズン終盤に注目を集めたプロ野球通算10万号本塁打の記録。それは9月29日、ZOZOマリンスタジアムでのマリーンズ対バファローズの一戦で生まれた。打って一躍、時の人となったのはバファローズのクリス・マレーロ外野手。そして打たれたのはこの日、プロ初勝利を目指し、プロ初先発のマウンドに上がった成田翔投手だった。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

「10万号の記録が近いということは知っていました。ホームランを打たれてその後に場内のビジョンでそのことが映し出されてアナウンスで紹介されて、この一発がそうなのかと改めて気が付きました」

 今でもそのシーンは鮮明に覚えている。2点を先制され迎えた6回2死一塁。1ボール、1ストライクからの3球目。キャッチャーの内角ストレートの要求にボールが甘く入った。レフトスタンドに突き刺さる弾道を見るまでもなく、打った瞬間に分かる一発だった。

 結局、この日は2本の2ランで試合が決する。0対4で敗戦投手。試合後にスコアラーから渡されたDVDで何度もそのシーンを振り返った。それは1軍と2軍の差を痛感させられた一球となった。

「映像で見返すと、キャッチャーの要求よりもボールが甘いのがはっきりしている。2軍だとあの球はファウルになっている可能性もあるけど、1軍では打ち損じてはくれない。1軍で活躍するためには1球のコントロールが大事。それを改めて実感しました」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」