野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 松坂世代2人、1軍で輝けなかった選手も…第1次で戦力外となった“元ドラ1”は?

松坂世代2人、1軍で輝けなかった選手も…第1次で戦力外となった“元ドラ1”は?

プロ野球は2017年の第1次の戦力外通告期間が終了し、12球団で70人を超える選手たち(自由契約となった広島・梵を含む)が各球団から戦力外を通告された。

DeNA・久保康友【写真:編集部】
DeNA・久保康友【写真:編集部】

第1次では70人超の選手が戦力外&自由契約に

 プロ野球は2017年の第1次の戦力外通告期間が終了し、12球団で70人を超える選手たち(自由契約となった広島・梵を含む)が各球団から戦力外を通告された。第2次通告期間はクライマックスシリーズ全日程終了の翌日から日本シリーズ終了の翌日までとなり、12球団合同トライアウトは11月15日にマツダスタジアムで開催される。

 どの選手も将来を期待されてプロ入りを果たした選手たちだが、その中でもドラフト1位で指名されてプロの世界へと入ってきた選手たちは、期待度も高く、各球団の中心選手となる存在として注目されてきた。ここでは第1次期間で戦力外通告を受けた元ドラ1選手と、その通算成績を見てみたい。

 今回戦力外となった選手たちのうち、元ドラフト1位(自由獲得枠と希望入団枠を含む)は12選手。その中でプロ在籍年数が最も長いのは村田修一内野手の15年。“松坂世代”の36歳だ。

 村田は最も実績を残しており、戦力外通告が世間に衝撃を与えた。東福岡高から日本大を経て、2002年の自由獲得枠で横浜入り。この年は法政大・土居龍太郎も自由獲得枠で横浜入りしており、実質“ドラ1扱い”が2人いた。1年目からレギュラーを掴み取り、104試合に出場して、いきなり25本塁打を放った。

 4年目に初めてシーズン30本塁打を放ち(最終的に34本塁打)、2007年と2008年に36本、46本で2年連続本塁打王を獲得した。2012年にFAで巨人へと移籍し、その年からリーグ3連覇に貢献。今季はシーズン序盤こそ代打の座に甘んじたが、その後レギュラーに返り咲くと、118試合で打率.262、14本塁打、58打点の成績をマークした。

 プロ通算1953試合に出場し、通算打率.269、360本塁打、1123打点とし、通算2000安打まで残り135本(通算1865安打)まで迫っているが、若返りを図る巨人側の来季の戦力構想から外れ、第1次戦力外通告期間最終日の今月13日に来季契約を結ばないことが発表された。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」