野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹には不要? 去就注目ゲレーロの来季を独自予想 フィットする球団は?

今オフのストーブリーグで、行き先が注目されるであろう1人が、中日退団が濃厚と言われているアレックス・ゲレーロ内野手である。

中日のアレックス・ゲレーロ【写真:荒川祐史】
中日のアレックス・ゲレーロ【写真:荒川祐史】

残留か新天地か― 去就注目ゲレーロはいずこへ

 ペナントレースが終了し、上位チームによるクライマックスシリーズ、そして日本一を決める日本シリーズを残すのみとなっている今季のプロ野球。Bクラスに終わった6球団は既に来季への準備をスタートさせている。

 その中で、今オフのストーブリーグで、行き先が注目されるであろう1人が、中日退団が濃厚と言われているアレックス・ゲレーロ内野手である。

 一部では、資金力のあるソフトバンクが獲得に向けた調査を行っているとの報道もあったが、果たして、今季、パ・リーグを圧倒的な強さで制したソフトバンクに、ゲレーロが必要なのか?

 はっきり言って、不要であろう。ゲレーロは今季、主に三塁と左翼で出場しているが、ソフトバンクには三塁に松田宣浩、左翼には中村晃という生え抜きの主力がいる。34歳となった松田の後継者育成は急務となっているものの、それも緊急を要するものではなく、2、3年のうちに育てたいところ。一塁にも内川聖一が、指名打者にはデスパイネがいる。唯一定まっていないポジションは二塁手。正直なところ、ゲレーロを獲ったところで起用するところがない。

 しかも、外国人枠の問題もある。ソフトバンクには、投手でリック・バンデンハーク、デニス・サファテ、リバン・モイネロ、野手でアルフレド・デスパイネが1軍におり、さらに右肘のトミー・ジョン手術でリハビリ中のロベルト・スアレスも来季中には復帰出来る見通しだ。今季加入したカイル・ジェンセンの去就は不透明だが、1軍でプレー出来る4枠は埋まっている。

 ここにゲレーロを加えたところで、使い道に困るだけ。さらには、ここから伸びてくるであろう若手たちのチャンスを奪うリスクもある。補強だけでなく、選手育成により、圧倒的な強さを作り上げてきたソフトバンクだけに、ゲレーロ獲得はチームバランスを崩すリスクにもなりかねない。

 大物外国人の移籍が取り沙汰されると、必ずと言って名前が出てくるソフトバンクだが、それは12球団イチの資金力があるから。実際には、さして触手を伸ばしていなくとも、よりより条件を引き出したい代理人サイドに名前を使われていることも、ままある。現実的に考えれば、ソフトバンクが本格的に獲得に乗り出す可能性は低いのではないだろうか。

人気記事ランキング