野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

王者ソフトB、深刻なタイムリー欠乏症で連敗 工藤監督「つなぐことが大事」

“あと一本”が打てないタイムリー欠乏症に、工藤公康監督は「つなぐということが大事」と打線に奮起を促した。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

連敗で1勝2敗に、7回途中自責1の千賀には「思いは伝わってきた」

 19日、ソフトバンクはクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦も1-2で楽天に敗れ、優勝アドバンテージを含めて1勝2敗となった。先発の千賀滉大は粘りの投球を見せたが、得点は内川聖一の連日のソロ弾による1点のみ。何度も好機を作りながらも“あと一本”が打てないタイムリー欠乏症に、工藤公康監督は「つなぐということが大事」と打線に奮起を促した。

 予想もしない先制点だった。1死一塁から、銀次のライト前ヒットが川島慶三の前で大きく弾み、ボールが飛び越えて転々とする間に1点を奪われた。得点の記録は川島のタイムリーエラー。左腕に対する打線を組むに当たって外野が本職ではない川島をあえてライトで起用したことがいきなり裏目に出た。工藤監督の言葉も歯切れが悪い。

「(楽天の)コーチが立っているから見えなかったんですけど。ただのライト前ヒットかなと思ったら『ワッ』と聞こえたので…。バウンドが変わったという話は聞きました。あのくらいの当たりなので、何とか三塁に行かせないようにと思って前に来たというのはありますけどね…」

 それでも先発の千賀は粘りの投球を見せて6回1/3を2失点(自責点1)と試合を作った。「気持ちも入っていたし、何とか粘ってという思いは伝わってきた。よかったと思いますよ」と工藤監督。最後は嶋基宏に勝ち越し打を許したが「あそこでしっかりタイムリーを打てるというのは打った本人を褒めるしかないでしょうし、こっちも全力プレーでぶつかっていったうえで打たれたわけなので」と相手の執念を持ち上げた。

人気記事ランキング