野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

超絶守備に二塁打2本、城所“躍動中”でソフトBの重い空気一変「まだ1勝」

負の流れを変えたのは、今季わずか2試合にしか出場おらず、1本の安打も打っていない男だった。

ソフトバンク・城所龍磨【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・城所龍磨【写真:藤浦一都】

2連敗の負の流れ変える活躍「監督が使ってくれたから『やってやろう』と」

 負の流れを変えたのは、今季わずか2試合にしか出場おらず、1本の安打も打っていない男だった。20日、ヤフオクドームで行われたクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージ第3戦。ソフトバンクにファイナルで最初の白星を運んできた1人が、この日出場選手登録されたばかりの城所龍磨外野手だった。

 右脇腹痛の柳田が不在となった外野手陣にあって、城所はCSメンバー入りの競争に、一度は敗れていた。18日の初戦に登録されたメンバーに、その名前はなし。その椅子を争っていた長谷川勇也、吉村裕基がメンバー入りし、19日の2戦目には江川智晃も登録されたが、背番号23はリストに記されないままだった。

 だが、突如として、流れが変わった。20日の第3戦を前にして、前日登録されたばかりの江川が出場選手登録を抹消され、城所が登録された。しかも、いきなりの「2番・中堅」でのスタメン。2連敗と苦境にあったチームの重苦しい空気を打破する起爆剤として、役割を託された。

「いや、もう、監督が使ってくれたから、ハセ(長谷川勇)さん、ポン(本多雄一)さんと『やってやろう』と話していました。元気を出してやってくれと言われていたので、元気良くハッスルしてやろうと思って。試合が終わって『疲れたぁ……』ってなるくらいに出し切ってやろうと思っていました」。

 この日は1番に今宮を置き、3番にデスパイネ、そして5番と9番にはCS初スタメンとなった長谷川勇と本多が名を連ねた。城所と長谷川勇、そして本多も長い時間、ファーム生活を送った。シーズン中の悔しさを晴らす千載一遇の機会だった。

人気記事ランキング