野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • PS快投で田中将大の価値高騰→契約破棄が“確実”に!? 5年総額124億の声も

PS快投で田中将大の価値高騰→契約破棄が“確実”に!? 5年総額124億の声も

辛辣なニューヨークメディアから「バッドマサ」「恐怖のタナカ」などと称された右腕。だが、今季ポストシーズン(PS)では3戦で20イニングを投げ、わずか2失点、防御率0.90という圧巻の成績をマークしており、一転、英雄として称賛の嵐を受けている。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

PSは3試合登板で防御率0.90、波が激しかったレギュラーシーズンの低評価を払拭!?

 ヤンキース田中将大投手が18日(日本時間19日)、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦で、7回を3安打8奪三振無失点と快投を見せた。レギュラーシーズンでは好不調の波が激しく、13勝12敗ながら防御率4.74という成績に終わり、辛辣なニューヨークメディアから「バッドマサ」「恐怖のタナカ」などと称された右腕。だが、今季ポストシーズン(PS)では3戦で20イニングを投げ、わずか2失点、防御率0.90という圧巻の成績をマークしており、一転、英雄として称賛の嵐を受けている。

侍ジャパンU-15代表、フィリピンに大勝で2戦連続コールド勝ち 3回一挙7得点(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2014年から7年総額1億5500万ドル(約174億3000万円)の大型契約を結びながら、今季終了後に契約を破棄し、FAとなれる「オプトアウト」の権利を有する日本人右腕。PS突入前の時点では権利を行使せずにヤンキース残留という観測が広がっていたが、ポストシーズンの無双ぶりで評価と市場価値は一気に高騰。オプトアウトしなければ残り3年総額6700万ドル(約75億3500万円)の契約が残るが、アメリカメディアでは、新たに最大5年1億1000万ドル(約123億7000万円)のメガオファーを手にできるという分析も浮上している。

 ポストシーズンでニューヨーカーを感動の渦に巻き込む力投を見せている田中。大一番で見せている神懸かり的な勝負強さで、安定感に欠けていた今季レギュラーシーズンでの低評価を完全に払拭してしまったようだ。

 米最大の移籍情報サイト「MLBトレードルーマーズ」のQ&A企画では、ジェイソン・マルティネス記者がファンの質問に答えている。

「タナカはこのタイミングでオプトアウトするのか? ポストシーズンで渾身の力投を見せているが」

人気記事ランキング