野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • カーショーが前田健太も称賛 ド軍救援陣の“救世主”に「アメージングだよ」

カーショーが前田健太も称賛 ド軍救援陣の“救世主”に「アメージングだよ」

地区シリーズから計5試合に登板し、無安打無失点に抑え続けている日本人右腕の働きぶりを、絶対的エースのクレイトン・カーショー投手も「アメージングだよ」と賞賛している。ESPN電子版が報じている。

美酒を浴びせられるドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
美酒を浴びせられるドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

PSは5試合に投げ、打者15人を無安打無四球無失点

 ドジャースが長らく遠ざかっていたワールドシリーズ(WS)進出を決めた。19日(日本時間20日)、カブスとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦に11-1と圧勝。対戦成績4勝1敗で1988年以来22度目のリーグ制覇を果たした。今季ポストシーズン(PS)から救援として大車輪の活躍を見せる前田健太投手は、この日も7回から2番手として登板。わずか10球で3者凡退に仕留める完璧リリーフで勝利のリレーをつないだ。地区シリーズから計5試合に登板し、無安打無失点に抑え続けている日本人右腕の働きぶりを、絶対的エースのクレイトン・カーショー投手も「アメージングだよ」と賞賛している。ESPN電子版が報じている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ポストシーズンで先発から救援に配置換えとなった前田の目覚ましい活躍は、野球の母国アメリカに大きな衝撃を与えている。地区シリーズから5試合に登板。5イニングで打者15人を無安打無四球7奪三振無失点。圧倒的なパフォーマンスに、指揮を揮うロバーツ監督ですら「最大の驚き」と目を丸くするほどだ。

 今季両リーグ最高勝率を誇るドジャースが、最大の懸念としていたのがブルペンだった。今季は42度のセーブ機会のうち41回に成功した絶対的守護神ケンリー・ジャンセンを擁するものの、先発投手からジャンセンにつなぐ中継ぎが安定せず。記事では、9月に突如チームを襲った17戦16敗という泥沼に触れ、「チーム全体が崩壊していたが、ブルペンは責任の一端を背負った」と指摘している。

 黒星が続いた時期は、ジャンセンを除くリリーフ陣が総崩れで救援防御率は5.40と悪化。中でも、この17試合は防御率11.57と炎上したセットアッパーのペドロ・バエスは、リーグ優勝決定シリーズでメンバーを外れた。それに代わって緊急結成されたのが、トニー・シングラーニ、トニー・ワトソン、ブランドン・モロー、そして前田の完璧リリーフ陣。4投手は今季PSで合わせて23イニングを連続無失点とする、パーフェクト救援を続ける。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」