野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

任された仕事は厭わない―ソフトBサファテ、回跨ぎで快投「準備できていた」

「キング・オブ・クローザー」による圧巻の締めくくりだった。21日にヤフオクドームで行われた楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦。ソフトバンクが4-3の勝利を掴んだその時、マウンドに君臨していたのは、もちろんこの人。守護神のデニス・サファテ投手だった。

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

1点リードの8回途中から今CS初登板「岩嵜翔と森唯斗は3連投していたから」

「キング・オブ・クローザー」による圧巻の締めくくりだった。21日にヤフオクドームで行われた楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦。ソフトバンクが4-3の勝利を掴んだその時、マウンドに君臨していたのは、もちろんこの人。守護神のデニス・サファテ投手だった。

 いつもより、出番は少し早くやってきた。1点リードで迎えた8回2死。アマダーを打席に迎えた場面だった。森唯斗、岩嵜翔は前日まで3連投。一発だけは許せない状況で、工藤公康監督はモイネロから、サファテへの継投を思い切って決断した。

「回を跨ぐ可能性があるというのは言われていたから、準備は出来ていた。岩嵜翔と森唯斗は3連投していたし、モイネロは回跨ぎでも、若さでやってくれると思っていたけど、あそこはアマダーで1つもミスを出来ないところだったので自分になったと思う」

 今季、日本記録となる54セーブをマークした守護神に、戸惑いはなかった。チームの勝利のために任された仕事は厭わない絶対守護神。キッチリとリードを守り抜いた。

 アマダーを空振り三振に切って取り、回を跨いで上がった9回も安定の無失点。聖沢、岡島から空振り三振を奪い、打順は昨季までのチームメート細川に。「(細川)亨と対戦できれば、面白かったんだけど、それは無いと思っていた(笑い)」とサファテ。想定通り送られてきた代打・枡田には四球を与えたが、茂木を空振り三振に切った。アウト4つは全て空振り三振。付け入る隙のない安定感は、この日も健在だった。

人気記事ランキング