野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太が最後のピース ド軍ブルペンはPS新23回連続無失点中「弱点が長所に」

前田健太が最後のピース ド軍ブルペンはPS新23回連続無失点中「弱点が長所に」

ポストシーズンでリリーバーに配置転向後、5試合で打者15人を完璧に仕留める活躍ぶりを見せている前田健太。日本人右腕が加わったブルペンはポストシーズン史上最長の23イニング連続無失点という新記録を樹立しており、地元テレビ局は「昨年までの唯一の弱点が今や長所に」と称賛している。

ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

鉄壁ブルペンがWS進出への原動力「現在光り輝き続けている部門」

 24日(日本時間25日)からワールドシリーズに臨むドジャース。29年ぶりのリーグ制覇を果たす上で、大きな役割を担ったのが救援陣だ。前田健太投手は19日(同20日)に敵地で行われたカブスとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦で2番手として登板し、わずか10球で3者凡退とする完璧救援を披露。ポストシーズンでリリーバーに配置転向後、5試合で打者15人を完璧に仕留める活躍ぶりを見せているが、日本人右腕が加わったブルペンはポストシーズン史上最長の23イニング連続無失点という新記録を樹立しており、地元テレビ局は「昨年までの唯一の弱点が今や長所に」と称賛している。

 ドジャースが誇る勝利の方程式は、昨季のワールドシリーズ覇者カブスが相手でも全く崩れることがなかった。

 リーグ優勝決定シリーズ第5戦。9-1と大量リードで迎えた7回。先発カーショーからマウンドを引き継いだ前田は先頭コントレラスをカウント1-2から4球目の時速94マイル(151キロ)の速球で空振り三振に仕留め、続くラッセルは初球で中飛。そして、最後はバエスを94マイルの5球目の速球で見逃し三振に仕留めた。マウンド上で気合いの雄叫びをあげた前田とは対照的に、敵地リグレー・フィールドの空気は重苦しさを増した。

 8回に登板したモローは1安打こそ許したが、圧巻の3奪三振。そして、9回は今季リーグ最多41セーブを記録しているジャンセンが3者凡退に仕留めた。

 ポストシーズンでナ・リーグの試合を中継している米テレビ局「TBS」の実況は、前田の快刀乱麻の好投に触れて「ドジャースで現在光り輝き続けている部門といえばブルペンですね」と称賛。そして、リポーターはブルペンの充実ぶりに対するリック・ハニカット投手コーチの談話から「ケンタ・マエダはジョーカーだ」と紹介した。

人気記事ランキング