野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 試行錯誤で成長、田中将大の2017年「今季始まる前の自分とは明らかに違う」

試行錯誤で成長、田中将大の2017年「今季始まる前の自分とは明らかに違う」

ヤンキース田中将大投手の2017シーズンが幕を下ろした。21日(日本時間22日)敵地でのリーグ優勝決定シリーズ第7戦でアストロズに敗れ、対戦成績3勝4敗でワールドシリーズ進出を逃した。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

プレーオフで輝くもレギュラーシーズンでは「アップダウン」に苦しんだ田中

 ヤンキース田中将大投手の2017シーズンが幕を下ろした。21日(日本時間22日)敵地でのリーグ優勝決定シリーズ第7戦でアストロズに敗れ、対戦成績3勝4敗でワールドシリーズ進出を逃した。

 ポストシーズンこそ、3試合に投げて2勝1敗、防御率0.90の好投でチームを牽引したが、レギュラーシーズンは「アップダウンもあって、苦しいことがすごく多かったシーズン」と自身が語る通りだった。

 3年連続開幕投手を務めながら、3回持たずに7失点でKO降板。母の日だった5月14日アストロズ戦では、1回2/3で8失点を喫した。かと思えば、5月26日アスレチックス戦では13奪三振を記録(同試合は8回途中1失点も黒星)。ダルビッシュ有投手と投げ合った6月23日レンジャーズ戦では8回3安打無失点の快投を見せた。

 7月以降は徐々に調子の振れ幅は小さくなったが、それでもシーズン終盤になってもマウンド上で自身に納得のいかない様子を見せることは多く、例年以上に試行錯誤を繰り返した。

 エースとして期待される中で迎えた大スランプ。辛口の地元メディアやファンから厳しい声が投げかけられることもあったが、何よりももどかしかったのは、チームの勝利に貢献し切れていない事実だっただろう。苦しみの時を過ごす中でも、忘れなかった気持ちがある。

「結局は、自分が今、自分の前に立ちはだかっているものに対して、向き合っていかないと、それをクリアすることはできないし、乗り越えることはできないと思う。その事実と向き合いながら、常に前に進んで行く、向上していくっていう気持ちだけは常に持って、シーズンを戦っていました」

人気記事ランキング