野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ戦力外の田中英祐、京大野球部OBの悲願だった「プロ野球選手の輩出」

ロッテから戦力外通告を受けた田中英祐は、来年創設120周年を迎える京大野球部の期待の星だった。卒業時には京大初のプロ入り選手として「京都大学総長賞」を受賞している。

ロッテから戦力外通告を受けた田中英祐【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテから戦力外通告を受けた田中英祐【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

京大野球部OBにとって悲願だった「プロ野球選手の輩出」

 ロッテから戦力外通告を受けた田中英祐は、来年創設120周年を迎える京大野球部の期待の星だった。卒業時には京大初のプロ入り選手として「京都大学総長賞」を受賞している。

 NPBでは東京大学出身のプロ野球選手は過去に5人いる。

○新治伸治(大洋)
 投手 88試合9勝6敗 防御率3.29
○井手竣(中日)
 投手 17試合1勝4敗 防御率5.18
 外野手 359試合64打数12安打1本2打点 打率.188
○小林至(ロッテ)投手
 1軍成績なし
○遠藤良平(日ハム)
 投手 1試合0勝0敗 防御率0.00
○松家卓弘(日ハム・中日)投手 14試合0勝1敗 防御率4.01

 しかし、東京大学と並ぶ最高学府、京都大学からプロに進んだ選手はいなかった(横浜、DeNAで25試合に登板し0勝0敗、防御率5.35を記録した福田岳洋は高知大学を経て京都大学大学院中退してプロ入りしているが、硬式野球部出身ではない)。京大野球部OBにとって「プロ野球選手の輩出」は悲願だった。

 これまで最もプロ野球に近い京大生と言われたのは、2000年秋、関西学生野球連盟で京大生としては史上初めて、投手でベストナインに選ばれた岡村英祐氏。岡村氏は京都大学卒業後、スポーツ選手の権利を擁護する弁護士として活躍しているが、「おなじエイスケでも、僕よりも田中の方が数段上」と太鼓判を押していた。

人気記事ランキング