野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNAラミレス監督の用兵の妙 「8番投手ウィーランド」から始まった逆転劇

DeNAラミレス監督の用兵の妙 「8番投手ウィーランド」から始まった逆転劇

23日のセ・リーグ、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦は、3位・DeNAが1位・広島を4-3で下し、日本シリーズ進出へ王手をかけた。この試合でチームの初安打を放ったのは8番で先発した投手のジョー・ウィーランドだ。

DeNAのジョー・ウィーランド【写真:荒川祐史】
DeNAのジョー・ウィーランド【写真:荒川祐史】

ラミレス采配際立つDeNA、下剋上へあと1勝 「8番・投手」

 23日のセ・リーグ、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦は、3位・DeNAが1位・広島を4-3で下し、日本シリーズ進出へ王手をかけた。この試合でチームの初安打を放ったのは8番で先発した投手のジョー・ウィーランドだ。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 今年のラミレス監督は、108試合で先発投手を8番で起用している。打撃自慢の投手が多かった昭和の時代、「8番投手」は珍しくなかったが、最近はほとんどなくなった。今季のセ・リーグではDeNAのほかに投手を9番以外の打順で先発させた例は中日の1試合しかない。昨年のラミレス監督も、ずっと投手は9番で起用していた。

 8番に投手を据えるきっかけになったのが、ウィーランドだったと思われる。ウィーランドは、MLBでは1勝6敗、防御率6.32という成績しか挙げていない。打者としても12打数2安打、二塁打1本、打点2、打率.167。打撃が好きな投手ではあったが、傑出した成績ではなかった。

 しかし、ラミレス監督は、ウィーランドの打席での構えの良さを評価し、4月14日、ウィーランドを8番で起用。これを初例として、8番に投手を据えるようになった。

 ウィーランドは投手として10勝2敗、防御率2.98、終盤戦ではエースの活躍だったが、打者としても48打数11安打3本塁打12打点、打率.229をマーク。3本塁打はリーグ1位だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」