野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

パ・リーグのドラフト会議10年の変遷、あの選手は何年組?【オリックス編】

いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として、オリックスのドラフトを見ていきたい。

オリックス・安達了一【写真:荒川祐史】
オリックス・安達了一【写真:荒川祐史】

2008年には3位指名で西が入団

 いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として、オリックスのドラフトを見ていきたい。現在、主力として活躍している選手が、何年にオリックスの一員になったのだろうか。

「見たことがない球が来る」 404発スラッガー中村紀洋氏が語る世界との闘い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

【2007年】
大学生・社会人
1位:小林賢司(投手・青山学院大)
3位:小瀬浩之(外野手・近畿大)
高校生
1位:丹羽将弥(外野手・岐阜城北高)
3位:伊藤光(捕手・明徳義塾高)
4位:山崎正貴(投手・市船橋高)
育成1巡目:梶本達哉(投手・愛媛マンダリンパイレーツ)

【2008年】
1位:甲斐拓哉(投手・東海大三高)
2位:伊原正樹(投手・関西国際大)
3位:西勇輝(投手・菰野高)
4位:高島毅(内野手・青山学院大)
5位:西川雅人(投手・愛媛マンダリンパイレーツ)

 西投手はノーヒットノーランも達成した、チームに欠かせない先発ローテーションの一角。今季は8月に戦線離脱したが、1完封を含む5勝6敗の成績を残した。

【2009年】
1位:古川秀一(投手・日本文理大)
2位:比嘉幹貴(投手・日立製作所)
3位:山田修義(投手・敦賀気比高)
4位:前田祐二(投手・福井ミラクルエレファンツ)
5位:阿南徹(投手・日本通運)

【2010年】
1位:後藤駿太(外野手・前橋商高)
2位:三ツ俣大樹(内野手・修徳高)
3位:宮崎祐樹(外野手・セガサミー)
4位:塚原頌平(投手・つくば秀英高)
5位:深江真登(外野手・明石レッドソルジャーズ)

 駿太選手は今季5月に2度のサヨナラ打を放った。球界屈指の強肩も光る。

【2011年】
1位:安達了一(内野手・東芝)
2位:縞田拓弥(内野手・JR東日本)
3位:佐藤達也(投手・Honda)
4位:海田智行(投手・日本生命)
5位:庄司龍二(捕手・ジェイプロジェクト)
6位:堤裕貴(内野手・龍谷高)
7位:小島脩平(内野手・住友金属鹿島)
8位:川端崇義(外野手・JR東日本)
育成1巡目:稲倉大輝(外野手・熊本国府高)
育成2巡目:柿原翔樹(内野手・鎮西高)

 安達選手はチームが誇る遊撃守備の名手。今季は体調に不安を抱えながら109試合に出場した。佐藤達投手は2013年、14年の最優秀中継ぎ。怪我と不振からの復活が待たれる。

人気記事ランキング