野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

パ・リーグのドラフト会議10年の変遷、あの選手は何年組?【千葉ロッテ編】

いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として、千葉ロッテのドラフトを見ていきたい。

ロッテ・西野勇士【写真:編集部】
ロッテ・西野勇士【写真:編集部】

2007年には唐川、2009年には荻野が入団

 いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として、千葉ロッテのドラフトを見ていきたい。現在、主力として活躍している選手は、何年に千葉ロッテの一員になったのだろうか。

【PR】「DAZN」ならロッテ戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

【2007年】
大学生・社会人
1位:服部泰卓(投手・トヨタ自動車)
3位:根本朋久(投手・横浜商科大)
4位:伊藤義弘(投手・JR東海)
5位:下敷領悠太(投手・日本生命)
高校生
1位:唐川侑己(投手・成田高)
3位:植松優友(投手・金光大阪高)
4位:阿部和成(投手・大牟田高)
育成1巡目:池田健(投手・青藍泰斗高)
育成2巡目:宮本裕司(捕手・高知ファイティングドッグス)
育成3巡目:小林憲幸(投手・徳島インディゴソックス)
育成4巡目:白川大輔(内野手・高知ファイティングドッグス)
育成5巡目:大谷龍次(外野手・日立製作所厚木)

 唐川投手は今季5勝10敗、防御率4.49。2011年には12勝を挙げた。

【2008年】
1位:木村雄太(投手・東京ガス)
2位:長野久義(外野手・Honda)
3位:上野大樹(投手・東洋大)
4位:坪井俊樹(投手・筑波大)
5位:山本徹矢(投手・神戸国際大付高)
6位:香月良仁(投手・熊本ゴールデンラークス)
育成1巡目:木本幸広(投手・日高中津分校)
育成2巡目:鈴江彬(投手・信濃グランセローズ)
育成3巡目:角晃多(内野手・東海大相模高)
育成4巡目:生山裕人(内野手・香川オリーブガイナーズ)
育成5巡目:西野勇士(投手・新湊高)
育成6巡目:岡田幸文(外野手・全足利クラブ)
育成7巡目:吉田真史(外野手・太田工高)
育成8巡目:田中崇博(投手・八日市南高)

 西野投手、岡田選手は育成の星。西野投手は2014年に31セーブ、2015年に34セーブを挙げた。今季は先発に転向して2勝。岡田選手は球界屈指の外野守備を誇る。

【2009年】
1位:荻野貴司(外野手・トヨタ自動車)
2位:大谷智久(投手・トヨタ自動車)
3位:大嶺翔太(内野手・八重山商工高)
4位:清田育弘(外野手・NTT東日本)
育成1巡目:山室公志郎(投手・青山学院大)

 荻野貴選手は今季終盤、走・攻・守でチームをけん引。2013年以来自己最多タイとなる26盗塁を記録した。大谷投手はチーム最多の55試合に登板。

【2010年】
1位:伊志嶺翔大(外野手・東海大)
2位:南昌輝(投手・立正大)
3位:小林敦(投手・七十七銀行)
4位:小池翔大(捕手・青山学院大)
5位:江村直也(捕手・大阪桐蔭高)
6位:藤谷周平(投手・南カリフォルニア大)
育成1巡目:黒沢翔太(投手・城西国際大)
育成2巡目:山口祥吾(投手・立花学園高)
育成3巡目:石田淳也(投手・NOMOベースボールクラブ)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬