野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • カーショー圧巻投球、7回わずか83球で驚異の11K 指揮官絶賛「特別な夜」

カーショー圧巻投球、7回わずか83球で驚異の11K 指揮官絶賛「特別な夜」

ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショーが、24日(日本時間25日)に本拠地で行われたアストロズとのワールドシリーズ第1戦で圧巻の投球を披露した。7回を投げて3安打1失点。11三振を奪いながら、わずか83球という驚異的な投球だった。チームを3-1の勝利に導いたメジャー最強左腕について、デイブ・ロバーツ監督も「特別な夜になった」と絶賛している。

力投するドジャース・カーショー【写真:Getty Images】
力投するドジャース・カーショー【写真:Getty Images】

ア・リーグ最強打線を圧倒、「彼の球種全てがうまく噛み合っていた」

 ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショーが、24日(日本時間25日)に本拠地で行われたアストロズとのワールドシリーズ第1戦で圧巻の投球を披露した。7回を投げて3安打1失点。11三振を奪いながら、わずか83球という驚異的な投球だった。チームを3-1の勝利に導いたメジャー最強左腕について、デイブ・ロバーツ監督も「特別な夜になった」と絶賛している。

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 まさにカーショーの「夜」だった。初回から3回1死でレディックに右前打を許すまで、7打者連続アウトと圧巻のスタート。4回に先頭ブレグマンに左翼への同点ソロ弾を浴びたが、その後もアストロズ打線を寄せ付けなかった。83球のうち57球がストライク。積極的にストライクゾーンを攻め、ア・リーグ最強打線を圧倒した。

 絶大な信頼を寄せて初戦のマウンドに送り出したロバーツ監督は試合後、「彼は実際に素晴らしく、横(ベンチ)から見ててもそれがわかったけど、空振り三振やスライダーの曲がり具合、速球の制球、バックドアのカットボール、そしてカーブ。久しぶりに彼の球種全てがうまく噛み合っていた」と絶賛した。

 ワールドシリーズで11奪三振&無四球を達成したのは、1949年にドジャースのドン・ニューカム氏が達成して以来、史上2人目の快挙。11奪三振以上を記録したのは、2001年ランディ・ジョンソン氏(ダイヤモンドバックス)以来16年ぶりとなった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」