野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 7球団競合、単独指名、サプライズ指名…今秋ドラフトの“勝ち組”はどこ?

7球団競合、単独指名、サプライズ指名…今秋ドラフトの“勝ち組”はどこ?

2017年のプロ野球ドラフト会議が26日に都内のホテルで行わた。最大の注目だった高校通算111本塁打の早実高・清宮幸太郎内野手には7球団が競合した末に、日本ハムが交渉権を獲得。2球団競合となったJR東日本の田嶋大樹投手、広陵高・中村奨成捕手は、それぞれオリックス、広島が交渉権を獲得した。

清宮幸太郎の交渉権は日本ハムが獲得した【写真:篠崎有理枝】
清宮幸太郎の交渉権は日本ハムが獲得した【写真:篠崎有理枝】

注目の清宮は7球団競合、日本ハムが交渉権獲得

 2017年のプロ野球ドラフト会議が26日に都内のホテルで行わた。最大の注目だった高校通算111本塁打の早実高・清宮幸太郎内野手には7球団が競合した末に、日本ハムが交渉権を獲得。2球団競合となったJR東日本の田嶋大樹投手、広陵高・中村奨成捕手は、それぞれオリックス、広島が交渉権を獲得した。

「見たことがない球が来る」 404発スラッガー中村紀洋氏が語る世界との闘い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ソフトバンクが12球団で最少の5選手で、DeNAが最多となる9選手を指名し、各球団の指名が終了した。高校生、大学生、社会人、そして独立リーグに所属する計82選手が支配下選手としてのドラフト指名を受けた。抽選によって意中の選手の交渉権を確定できた球団、敗れてそれを逃した球団と、悲喜こもごもの結果となったが、ドラフト全体として理想的だった球団はどこになっただろうか。見渡すと、ロッテ、中日、日本ハム、オリックス、DeNAの5球団は上々のドラフトだったように見える。

 その中でも、満点ドラフトだったと言えるのはオリックスではないか。ドラフト1位で西武と重複指名となった田嶋大樹投手の交渉権を抽選の末に獲得。金子千尋や西勇輝、山岡泰輔と投手陣に右投手が多い中で、即戦力の社会人ナンバーワン左腕が指名出来たのは大きい。さらに2位でも、1位指名候補にも挙がっていた日立製作所の鈴木康平投手を指名。3位で社会人侍ジャパン代表の福田周平内野手、4位では将来が楽しみな星槎国際高校湘南の本田仁海投手を指名と、上位候補としても名前が挙がっていた投手を指名。即戦力投手、即戦力野手を揃って指名し、投手と内野手を3人ずつ、捕手、外野手を1人ずつというバランスも悪くない。

 中日は中村を広島との競合で逃したが、結果的に見れば、上々だったのではないか。外れ1位でヤマハの最速157キロ右腕、鈴木博志投手を指名。2位では1位指名の声もあった青藍泰斗高の石川翔投手を指名できた。上位の顔ぶれは決して悪くない。3位で滝川二高の高松渡内野手、4位で甲子園優勝投手の花咲徳栄高・清水達也投手らを指名。鈴木以外は高校生と、即戦力とはいかないながらも、数年後の将来性を期待させる6人の指名となっている。

 日本ハムはなんといっても、清宮の交渉権確定が大きい。大谷翔平、中田翔といった主軸打者の去就が不透明となっている中で、注目度も素質も抜群のスラッガーがチームに加われば、大きな意味を持つ。2位でも最速154キロを誇る即戦力のNTT東日本の西村天裕投手を指名した。3位からは柳ヶ浦高の田中瑛斗投手ら高校生を3人、そして7位では東大の宮台康平投手を指名。7人中5人が投手だった。

人気記事ランキング