野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンクがDeNAに快勝、日本シリーズ初戦の勝敗分けた“普段着の野球”

主力のほとんどが日本シリーズを経験しているソフトバンクに対して、DeNAはシリーズ経験者はロペスと田中浩康の2人のみ。試合を見れば、ソフトバンクの工藤公康監督の言う「普段通りの野球」が出来たか出来なかったかが、勝敗を分けたと言えるのではないか。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

ソフトバンクがDeNAに快勝、初戦のポイントは?

 ソフトバンクが、理想的な形で初戦を勝利で飾った。28日にヤフオクドームで行われたDeNAとの日本シリーズ第1戦。パ・リーグ王者は初回、2回と得点を重ねてリードを奪うと、自慢の投手陣が反撃を許さず。中盤のビッグイニングで大差をつけて、10-1とDeNAを圧倒した。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 初戦に関して言えば、力の差、経験の差が大きな結果の差になって現れた。94勝を挙げてパ・リーグを制し、2年ぶりの日本一を狙うソフトバンクと、セ・リーグ3位で日本シリーズに進出したDeNA。主力のほとんどが日本シリーズを経験しているソフトバンクに対して、DeNAはシリーズ経験者はロペスと田中浩康の2人のみ。試合を見れば、ソフトバンクの工藤公康監督の言う「普段通りの野球」が出来たか出来なかったかが、勝敗を分けたと言えるのではないか。

 とにかく、ソフトバンクには気負いや硬さが感じられなかった。指揮官は「緊張はすごくしていたと思うんですが、先頭が出て、ウチのパターン、初回のパターンになって『よし行くぞ』という風になったんではないかと思う。柳田くんの初回のヒットが大きかった」と振り返るが、初回に柳田が中前安打で出塁し、デスパイネの左翼線への適時二塁打で幸先よく先制点を奪った場面に緊張は感じなかった。

 楽天と戦ったクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージでは、ちぐはぐな戦いを展開し、投打の歯車が噛み合わないまま連敗した1、2戦目の方が緊張感を感じさせた。その時のような重苦しさはグラウンド上にはなかった。いつも通りのソフトバンクの戦いぶりで、今季、圧倒的な強さを誇った先行逃げ切りの勝ちパターンに早速、持ち込んだのだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」