野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ、沢村賞に独自見解「2人でいい」「セとパは比べられない」

ドジャースのダルビッシュ有投手が、30日に発表された沢村賞について、西武の菊池雄星投手も受賞するべきだったとの見解を明かしている。

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

今季は菅野が受賞も「菊池雄星選手沢村賞でいいんじゃないですか?」

 ドジャースのダルビッシュ有投手が、30日に発表された沢村賞について、西武の菊池雄星投手も受賞するべきだったとの見解を明かしている。

 今シーズン最も優れた先発完投型の本格派投手に贈られる「沢村賞」は今季、巨人の菅野智之投手が初受賞。25試合登板で自己最多の17勝(5敗)を挙げ、防御率1.59、勝率.773、171奪三振と圧巻の成績を残した。

 一方で、16勝6敗、防御率1.97の好成績を残した西武の菊池雄星投手の受賞はならず。ダルビッシュは「菊池雄星選手沢村賞でいいんじゃないですか? 選考基準の曖昧さもそうだし、なにより選考委員に決めさせるのではなく記者の投票制にすればいいのでは?」とツイッターで“ダブル受賞”を推す声をあげた。

 沢村賞は登板試合数(25試合以上)、完投試合数(10試合以上)、勝利数(15勝以上)、勝率(6割以上)、投球回数(200イニング以上)、奪三振(150個以上)、防御率(2.50以下)という7つの選考基準を設けている。

人気記事ランキング