野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最速150キロ右腕、50m5秒7内野手…育成に定評ホークス、今年の育成指名は?

去る10月26日、2017年のプロ野球ドラフト会議が都内のホテルで行われた。今年最大の注目は、高校通算111本塁打を誇る早実高の清宮幸太郎内野手で、高校生としては1995年のPL学園・福留孝介以来となる最多タイの7球団が競合。抽選の末に、日本ハムが交渉権を獲得した。また、2球団が競合したJR東日本の田嶋大樹投手はオリックス、広陵高・中村奨成捕手は地元の広島が交渉権を獲得するなど、82人が12球団からの指名を受けた。

2017年ドラフト、ソフトバンクの指名選手一覧
2017年ドラフト、ソフトバンクの指名選手一覧

育成に定評ホークス、今年も注目、育成指名6選手の特徴は?

 去る10月26日、2017年のプロ野球ドラフト会議が都内のホテルで行われた。今年最大の注目は、高校通算111本塁打を誇る早実高の清宮幸太郎内野手で、高校生としては1995年のPL学園・福留孝介以来となる最多タイの7球団が競合。抽選の末に、日本ハムが交渉権を獲得した。また、2球団が競合したJR東日本の田嶋大樹投手はオリックス、広陵高・中村奨成捕手は地元の広島が交渉権を獲得するなど、82人が12球団からの指名を受けた。 

 さらに、支配下選手のドラフト終了後には、日本ハム、ヤクルトを除く10球団が参加した育成選手のドラフトが行われ、計32人が指名を受けた。巨人が最多の8選手を育成選手で指名し、ソフトバンクが6選手、オリックスが4選手などとなっている。 

 育成選手といえば、ソフトバンクである。侍ジャパンメンバーとなって今春のWBCに出場し、今季の最高勝率を獲得した千賀滉大投手を筆頭に、千賀と同期入団の甲斐拓也捕手が正捕手候補として今シーズン台頭。石川柊太投手も1軍の主力として定着した。ソフトバンクの育成が人材輩出の場といった印象は、多くの人が抱いているはずである。そこで今回のドラフトで、ソフトバンクの育成選手として指名された6選手を簡単にまとめてみたい。 

〇育成1巡目 尾形崇斗投手(福島・学法石川高校) 

 身長181センチ88キロとしっかりした体格を持ち、最速150キロを誇る本格派の右腕。高校2年の秋から約1年で球速を10キロ以上伸ばし、急成長を遂げた。今夏は福島県大会準々決勝で敗退しており、全国的な知名度はないものの、闘争心溢れ、強気な投球が魅力で、打者のインコースを突いて力勝負できる素材だという。 

人気記事ランキング