野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュは依然NO1評価、年30億円超でカブス移籍との予想 田中将大はフィリーズ?

ダルビッシュは依然NO1評価、年30億円超でカブス移籍との予想 田中将大はフィリーズ?

米国最大の移籍情報サイト「MLBトレードルーマーズ」が、今オフのFA選手トップ50のランキングを発表。移籍先のチーム、契約年数&総額も予想している。

ヤンキース・田中将大とドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大とドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ダルビッシュはFAランク1位のまま、6年総額180億円超で契約と米メディア予想

 ワールドシリーズが1日(日本時間2日)に終わり、MLBのストーブリーグが幕を開けた。エンゼルスは早くも、タイガースとの残り4年8850万ドル(約101億円)の契約を破棄したジャスティン・アップトン外野手と5年契約で合意。総額は1億600万ドル(約121億円)になると報じられている。また、日本人選手では、マリナーズが岩隈久志投手の契約延長オプションを行使しないことを発表。岩隈はフリーエージェント(FA)となる。

 米国最大の移籍情報サイト「MLBトレードルーマーズ」では、今オフのFA選手トップ50のランキングを発表。移籍先のチーム、契約年数&総額も予想している。日本人選手では、今季開幕前からオフのFA市場でNO1の評価を受けていたドジャースのダルビッシュ有投手が、変わらず1位をキープ。また、契約を破棄してFAになれる「オプトアウト」の権利を行使するか注目が集まっているヤンキースの田中将大投手も5位に入った。

 その他、巨人のマイルス・マイコラス投手もランクインし、ポスティングシステム(入札制度)を利用してのメジャー挑戦が有力視されている日本ハムの大谷翔平投手も“番外編”で登場している。

 FA市場で堂々1位の評価を受けたのはダルビッシュ。シーズン途中に“世界一請負人”としてレンジャーズからドジャースにトレード移籍し、プレーオフでは地区シリーズ、リーグ優勝決定シリーズと好投も、ワールドシリーズ(WS)では第3戦、第7戦と2試合連続で2回途中KOとまさかの結果に終わった。ドジャースも3勝3敗で迎えた第7戦で敗れ、29年ぶりの世界一を逃す形となったが、「市場トップ」の評価は変わらず。新たな契約に注目が集まる。

「MLBトレードルーマーズ」では、移籍先として昨季世界一のカブスを予想。6年総額1億6000ドル(約182億3000万円)という金額を割り出している。年平均2667万ドル(約30億円)という高評価だ。

 寸評では「見苦しい登板が記憶に新しい中、彼が今冬最大の契約を結ぶと予想すれば認知的不協和が生まれるかもしれない。しかしながら、ダルビッシュは依然として1週間前のダルビッシュのままである。すなわち、とても良い先発投手でFAの中でベストということだ」と指摘。ワールドシリーズでのKO劇に触れつつも、好投手という評価に変わりはないとの見方を示している。

人気記事ランキング