野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

先輩と同じアジアの頂点へ U15侍で躍進する捕手「新しい歴史を作れたら」

静岡県伊豆市・志太スタジアムで開催されている「第9回 BFA U-15アジア選手権」は4日、大会4日目を迎え、侍ジャパンU-15代表はパキスタンを15-2の5回コールドで下した。打順が1番から3番に変わった内山壮真(石川・星稜中)が初回に先制2ランなど、3安打3打点の活躍。捕手としても、ここまで投手陣を懸命にリードしている。

侍ジャパンU-15代表・内山壮真【写真:Getty Images】
侍ジャパンU-15代表・内山壮真【写真:Getty Images】

開幕4連勝でアジア制覇王手、侍ジャパンU-15代表が韓国と激突

 静岡県伊豆市・志太スタジアムで開催されている「第9回 BFA U-15アジア選手権」は4日、大会4日目を迎え、侍ジャパンU-15代表はパキスタンを15-2の5回コールドで下した。打順が1番から3番に変わった内山壮真(石川・星稜中)が初回に先制2ランなど、3安打3打点の活躍。捕手としても、ここまで投手陣を懸命にリードしている。

U-15侍ジャパン代表がアジア全勝制覇 武田勝コーチも称えた若き選手たちの実力(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 誰もが打球の行方を追った。初回、1死三塁。カウント3-1から内山が放った打球は青空に大きな弧を描いた。入るか、入らないか――。左翼手の足が止まり、ほどなく打球はフェンスの向こう側に消えた。先制2ランだ。

「スイングが崩れ、自分のスイングができていなかった。フォームを見直して、自分のスイングでバットを振り抜くことができてよかった。しっかりといい形で打てたと思います」

 今大会、初戦から「1番・捕手」でスタメン出場してきた。初戦ではライトへランニングホームランを打ったが、相手右翼手が目測を誤ったもの。フィリピン戦、チャイニーズ・タイペイ戦は快音がなかった。伊藤将啓監督は「内山は1番だと、自分が出塁をしなきゃという気持ちが強すぎて当てにいっていた」と、この日、打順を3番にした。

 内山本人も「塁に出ようという意識が強すぎた」と振り返る。打とうとするあまり、打撃フォームが前重心になっており、「ここ2日間、いろいろと指導していただいて、しっかりフォームを見直した。後ろの軸で回ることを意識した」という。3、4打席目にもヒットが生まれ、修正した成果を出した。

人気記事ランキング