野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「一度そのバッティングは捨てなきゃと」鷹・内川が語った同点弾と古巣対決

4日、ソフトバンクの内川聖一が9回裏の土壇場でチームを救った。起死回生の同点弾。大仕事を成し遂げたキャプテンは、日本シリーズ優勝の会見で改めてチームメートへの感謝の気持ちや土壇場の同点弾や古巣DeNAへの思いを語った。

ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】

日本一貢献の内川、サファテの魂の3イニングに「気持ちに応えなきゃ」

 4日、ソフトバンクの内川聖一が9回裏の土壇場でチームを救った。起死回生の同点弾。大仕事を成し遂げたキャプテンは、日本シリーズ優勝の会見で改めてチームメートへの感謝の気持ちや土壇場の同点弾や古巣DeNAへの思いを語った。

 工藤公康監督、MVPのサファテとともに壇上に上がった内川は、クライマックスシリーズ・ファイナルステージ優勝の時と同様に、まずはチームメートに対する感謝の気持ちを口にした。

「個人的には怪我でチームに入れない期間が長かったので、CSから日本シリーズというのはチーム全員が日本一になれるチャンスをくれたと思っていましたし、それを何とか結果で恩返ししたいと思っていました。結果的に気持ちと結果が伴ってくれてよかったと思います」

 CSでは4試合連続弾を放つ活躍でMVPを獲得。日本シリーズの第5戦まではCSほど派手な活躍こそなかったものの、最後の最後に4番の意地を見せつけた。「どうにかしなきゃいけないと思っていました」という内川が9回1死から放ったのは、DeNAの守護神、山崎康晃からレフトへの同点弾だ。

人気記事ランキング