野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス退団、松坂大輔に手を挙げる球団はあるか NPB以外の選択肢も?

日本一を目指し、日本シリーズを戦っている最中のソフトバンクに衝撃のニュースが流れた。2年ぶり8度目の日本一が決まった4日の第6戦の朝のことだった。松坂大輔投手が今季限りで退団し、他球団への移籍を模索することを決断した、というものだった。

ソフトバンク・松坂大輔【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・松坂大輔【写真:荒川祐史】

ソフトバンクが退団発表、「平成の怪物」はどこへ

 日本一を目指し、日本シリーズを戦っている最中のソフトバンクに衝撃のニュースが流れた。2年ぶり8度目の日本一が決まった4日の第6戦の朝のことだった。松坂大輔投手が今季限りで退団し、他球団への移籍を模索することを決断した、というものだった。

侍ジャパンU-15代表、韓国にサヨナラ勝ちで4大会ぶりアジア王者! 「チーム一丸」で完全優勝(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本シリーズが終わった翌日の5日に退団が正式に発表された。球団を通じて松坂は「ソフトバンクホークス関係者の皆様、ホークスファンの皆様、この3年間期待に応えられず申し訳ありませんでした。出来ることなら胸を張ってチームの歓喜の話の中に入っていたかったです…。最後の瞬間までリハビリに付き添っていただいたスタッフの皆さん、いつも私に真剣に向き合ってくださった工藤監督、コーチ、選手の皆さん、何よりも暖かい声援を送ってくれたファンの皆様の1つ1つの声に私は支えられてきました。いくら言葉にしても足りないくらいの感謝の想いを伝えるのは、1軍のマウンドだと思っています。またいつかグラウンドでファンの皆様、チームメートに再会できることを信じて、前を向き続けていきたいと思います」とコメントを寄せた。

 2015年に米MLBメッツから3年契約でソフトバンクに加わった右腕。復帰1年目から右肩に異変を訴え、8月には手術に踏み切った。長く険しいリハビリを経て、昨季の最終戦でようやく復帰初登板を果たしたが、結局1軍登板はこの1試合のみに終わった。3年目の今季、3月25日のオープン戦・広島戦(ヤフオクD)で7回無安打無失点の投球を見せたが、その後に再び右肩の違和感を訴え、リハビリへと逆戻り。実戦のマウンドに上がることは出来なかった。

 ソフトバンクは復活を目指す松坂の意志を尊重し、来季も契約を結ぶ方針にあった。ただ、チーム編成も考慮し、70人の枠がある支配下登録からは外れ、コーチ契約を結んだ上で、復帰を目指す道筋を提示したようだ。1996年にソフトバンクに加わり、右肩故障のため、2011年からの3年間、「三軍リハビリ担当コーチ」として選手復帰を目指した斉藤和巳氏と同様の方式を提案されたが、松坂は、あくまで選手として復帰を目指す道を選択し、退団の道を選ぶことになった。

人気記事ランキング