野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 助っ人の出来でAクラス&Bクラスの明暗 2017年外国人選手査定、セ・リーグ編

助っ人の出来でAクラス&Bクラスの明暗 2017年外国人選手査定、セ・リーグ編

2017年シーズンが終了した。今年もNPBでは多くの外国人選手がプレーした。球団別に、彼らの成績を査定していこう。ここではセ・リーグを見てみたい。

エルドレッドの穴を埋めた広島・バティスタ【写真:荒川祐史】
エルドレッドの穴を埋めた広島・バティスタ【写真:荒川祐史】

メッセンジャー、マテオ、ドリスらが活躍した阪神

 2017年シーズンが終了した。今年もNPBでは多くの外国人選手がプレーした。球団別に、彼らの成績を査定していこう。ここではセ・リーグを見てみたい。

 打者は、通常の成績に加え、安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味した打者の総合指標RC(Run Create)も加えた。RCはシーズンで100を超えればMVP級の活躍とされる。投手も通常の成績に加え投手の総合指標、PR(Pitching Run、リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出)を紹介する。150を超えればエース級。

【広島】
〇打者
エルドレッド 116試344打数91安27本78点0盗 打率.265 RC 66.45
バティスタ 61試125打数32安11本26点0盗 打率.256 RC 22.99
ペーニャ 22試37打数8安0本2点0盗 打率.216 RC 2.15
メヒア 9試14打数3安0本1点0盗 打率.214 RC 0.78
〇投手
ジャクソン 60試2勝2敗1S30H 62回 防御率2.03 PR 101.68
ブレイシア 26試2勝1敗1S2H 30回 防御率3.00 PR 20.1
ジョンソン 13試6勝3敗0S0H 76.1回 防御率4.01 PR -25.95
ヘーゲンズ 11試0勝0敗0S0H 15回 防御率6.60 PR -43.95

 広島はエルドレッドが故障もあって十分に働かず。カープアカデミー出身の怪力バティスタがパワフルな打撃でその穴を埋めた。同じくカープアカデミー出身のメヒアは3安打のみ。昨年エース級の活躍をした左腕ジョンソンは故障で出遅れる。セットアッパーのジャクソンは昨年同様安定感があった。

【阪神】
〇打者
ロジャース 40試123打数31安5本23点0盗 打率.252 RC 16.4
キャンベル 21試47打数9安1本5点0盗 打率.191 RC 3.79
〇投手
メッセンジャー 22試11勝5敗0S0H 143回 防御率2.39 PR 183.04
ドリス 63試4勝4敗37S5H 63回 防御率2.71 PR 60.48
マテオ 63試7勝4敗0S36H 59回 防御率2.75 PR 54.28
メンデス 8試0勝0敗0S1H 9.2回 防御率6.52 PR -27.54981
メンドーサ 4試0勝2敗0S0H 21回 防御率5.14 PR -30.87

 新外国人キャンベルはパワー不足で早々に2軍落ち。夏にロジャースを補強するも数字は残せず。外国人打者の期待外れが、今季の阪神打線の弱体化の大きな原因になった。一方で投手陣は、先発のメッセンジャー、セットアッパーのマテオ、クローザーのドリスと、12球団一と言ってよい充実ぶり。2位躍進の原動力になる。メンドーサは日本ハムを退団後、負傷離脱したメッセンジャーの穴を埋めるために獲得したが、勝ち星なし。

人気記事ランキング