野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「いい感覚があります」― 3球団競合ドラ1右腕、ホークス高橋純平の現在地

来季に賭ける思いは、この男も強い。1軍の主力組がまだいない宮崎・生目の杜運動公園。ソフトバンクの若手たちが汗を流す秋季キャンプには、2015年のドラフト1位・高橋純平の姿もある。

ソフトバンク・高橋純平【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・高橋純平【写真:藤浦一都】

登板機会は1試合だけ、結果残せず「やっぱり悔しいところではあります」

 来季に賭ける思いは、この男も強い。1軍の主力組がまだいない宮崎・生目の杜運動公園。ソフトバンクの若手たちが汗を流す秋季キャンプには、2015年のドラフト1位・高橋純平の姿もある。プロ2年目。1軍デビューを果たしたものの、登板機会はそのデビュー戦1試合だけ。高橋もまた、悔しさを募らせた1年を送った1人であった。

 今春キャンプは主力組中心のA組に抜擢されたものの、開幕1軍はならず。それでも、序盤に昇格すると、4月14日のオリックス戦(ヤフオクD)でプロ初登板を果たした。が、3イニングを投げて6安打4失点。ほろ苦い結果となった。8月26日に再度1軍に登録されたが、登板機会のないまま、9月1日に再び登録を抹消された。

 今季は3年目の松本裕が一時先発ローテに入り、プロ初白星を挙げた。同期の小澤も初登板を果たし、高橋を上回る2試合に投げた。松本裕と同期の笠谷もデビューを飾って3試合に登板し、日本シリーズの40人枠にも入った。

「やっぱり(2015年ドラフト2位の)小澤(怜史)や、1個上の松本(裕樹)さんや笠谷(俊介)さんが1軍である程度抑えた中で、自分は抑えられなかった。それはやっぱり悔しいところではあります。最後にも、上に上げてもらいましたけど、投げる機会は与えてもらえなかったというのも悔しさとして残りました」と、その胸中を明かす。

 3球団競合の末に、鳴り物入りでソフトバンクに入団した2016年から2年が経った。確かに一歩ずつ前進しているとはいえ、自分自身に物足りなさを感じているのも事実である。

「投げずに1軍にいるときは、やっぱり肩身の狭い思いがあります。来年はそういうことがないように、自分がゲームのどこかで必要とされるポジションに居られるように頑張ろうと思います」

人気記事ランキング