野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

注目される起用法、大谷翔平は二刀流で成功できるのか 米記者に聞いてみた

米国でも「和製ベーブ・ルース」として話題となっている大谷翔平はメジャーでもその才能を開花させることができるのか。今回、その問いに答えてくれたのは日本ハムの米ピオリアキャンプで大谷に単独インタビューしたMLB公式サイトのバリー・ブルーム記者だ。

MLB挑戦を表明した大谷翔平【写真:田口有史】
MLB挑戦を表明した大谷翔平【写真:田口有史】

メジャー挑戦を正式表明した大谷、注目される移籍先と起用法

 11日の記者会見で今オフのメジャー挑戦を正式に表明した日本ハムの大谷翔平投手。NPBで二刀流を続けてきた23歳は投打ともに高い評価を受けており、移籍先とともにその起用法も注目されている。そこで、大谷に2度単独インタビュー経験を持つ現地記者にメジャーでも二刀流が可能かどうかを聞いてみた。その回答は――。

 2012年のドラフト1位で入団した大谷はプロ5年で二刀流を貫いてきた。日本一に輝いた昨季はその集大成ともいうべき成績を残し、投手として10勝4敗、防御率1.86、打者として打率.322、22本塁打、67打点、7盗塁をマーク。投打ともに規定には届かなかったものの、史上初めて投手と指名打者の2部門でベストナインに選出された。

 米国でも「和製ベーブ・ルース」として話題となっている23歳はメジャーでもその才能を開花させることができるのか。今回、その問いに答えてくれたのは日本ハムの米ピオリアキャンプで大谷に単独インタビューしたMLB公式サイトのバリー・ブルーム記者だ。

「オオタニについては去年、ピオリアで初めて見た。彼はある試合で韓国のチーム相手にDHで出場した。そして、左腕相手へのアプローチが驚きだった。1ボール、2ストライクからヒットを放ったんだけど、そのバッティングがトニー・グウィンそっくりだったんだ。打席でのアプローチが印象的だった。この男は噂通りの活躍ができる。次の試合では、シャットアウトしていた。オールスター投手のような投球だったよ。そこでファイターズに依頼したら、彼らは単独インタビューの場を設けてくれたんだ」

 故トニー・グウィン氏は現役時代パドレス一筋でプレーし、首位打者を8度獲得した左打ちの殿堂入り選手。その名手を彷彿させる打撃と、圧巻の投球に魅了されたというブルーム記者は大谷との馴れ初めについて、嬉しそうに振り返った。

人気記事ランキング