注目される起用法、大谷翔平は二刀流で成功できるのか 米記者に聞いてみた

試される適応力、「メジャーの投手と対峙した時には全く別の話」

「オオタニもまずはメジャーに来て新しい環境に慣れ、どの程度のレベルなのかを把握し、自分がどこまでできるかを証明することになる。特に打者としては若い段階でメジャーに来ることは重要かもしれない。日本からアメリカに来た打者は、どんな実績の持ち主でもメジャーで苦労している。アメリカでスターになったのはイチローとマツイ(松井秀喜)だけだ。日本の投手のレベルは個人的には2Aレベルだと思う。日本で打てる優秀な打者も、メジャーの投手と対峙した時には、全く別の話になる。ボールのサイズから違うのだから」

 メジャー史上30人目の3000安打到達者となったイチロー外野手。2009年にヤンキースでワールドシリーズMVPに輝いた松井秀喜氏。いずれも大きなインパクトを残したが、同氏が指摘するように、メジャーの環境に苦しむ日本人野手は多い。大谷がメジャーの一流投手の投球に対応できるかは、ブルーム氏も予測できないようだ。

 大谷自身は記者会見の中で二刀流への思いについて問われ、「そういう(二刀流の)環境があるかないか、話を聞いてみないとわからない。まずは(二刀流に)挑戦できないと。気持ちだけではどうにもならない」と語った。二刀流として成功するか否かは入団する球団によっても変わってくるだろう。

 アメリカですでにフィーバー状態の大谷狂騒曲。ベーブ・ルース以来となる二刀流はアメリカでも大輪の花を咲かせるのだろうか。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND