野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 大谷移籍先、ダル契約にWS登板が与える影響…米メディアがGMら40人にアンケート

大谷移籍先、ダル契約にWS登板が与える影響…米メディアがGMら40人にアンケート

メジャーリーグの移籍市場で最初のヤマ場となるGMミーティングは13日(日本時間14日)から米フロリダ州オーランドでスタート。このタイミングで米メディアが注目選手の動向について各球団のGM、GM補佐、強化スタッフらに緊急アンケートを実施した。

大谷翔平とダルビッシュ有【写真:田口有史】
大谷翔平とダルビッシュ有【写真:田口有史】

注目のストーブリーグ、米メディアが各球団GMら40人に緊急アンケート

 メジャーリーグの移籍市場で最初のヤマ場となるGMミーティングは13日(日本時間14日)から米フロリダ州オーランドでスタート。このタイミングで米メディアが注目選手の動向について各球団のGM、GM補佐、強化スタッフらに緊急アンケートを実施した。ESPNが計40人の関係者に投票を行ったもので、「ストーブリーグ調査:スタントンはセントルイスに? 大谷はブロンクスに? 関係者が量る今冬」の見出しで特集している。

 今回の特集では9つの注目点について投票を行っており、その中で日本人選手も登場している。今オフのメジャー挑戦の意思を正式に表明した日本ハムの大谷翔平投手とフリーエージェント(FA)選手の目玉として挙げられているダルビッシュ有投手の2選手だ。

 大谷は、今冬のトレードが浮上しているマーリンズ主砲ジャンカルロ・スタントン外野手に次いで2番目に登場。「2018年開幕日にショウヘイ・オオタニはどの球団でプレーしているか?」とのアンケートではヤンキースとドジャースが7.5票ずつでトップ。次いでレンジャーズが5票、日本ハム、マリナーズが4票、パドレス、カブス、アストロズ、ジャイアンツ、レッドソックスが1票で続き、残りは予想なしとなっている。

 寸評では「2018年は日本ハムに留まると予想した回答者は先週の混乱の最中にしたのだろう。この短い期間に、オオタニはCAA(クリエーティブ・アーティスツ・エージェンシー)を代理人に指定し、ファイターズはポスティングシステムを通じてMLB球団に彼を送ることを正式に発表した」と解説。「ヤンキースとドジャースは金持ち球団であり、豊富な広告出演機会もあって文化的に多様な市場では自然な候補だ。シアトル(マリナーズ)は日本人選手に強い歴史があり、カブスはこの調査では多く票を稼いでいないものの競争に割り込むことが可能だ」と指摘した上で「多くの回答者がオオタニは投手とDHの機会があるア・リーグ球団に行くと考えている。あるスカウトは2012年に日本から渡米したユウ・ダルビッシュと契約し、アジアでのスカウトに存在感を見せるレンジャーズを注視すべきと助言している」と伝えている。

人気記事ランキング