野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

球団史上最強助っ人が“仰天”告白 クロマティ氏「私の夢は巨人のカントク」

高橋由伸監督が就任して2年目のシーズンとなった巨人は今季、72勝68敗で4位に沈み、初めてクライマックスシリーズ出場を逃した。かつて巨人史上最高の助っ人と呼ばれたレジェンド、ウォーレン・クロマティ氏は古巣に愛のある“ゲキ”を飛ばす。「巨人の監督になるのが夢」と激白する一方で、坂本勇人内野手をリードオフマンで起用することの有効性を説いた。

ウォーレン・クロマティ氏【写真:編集部】
ウォーレン・クロマティ氏【写真:編集部】

叶わぬ夢だと理解しながらも…“仰天”発言「巨人のカントクになりたい」!?

 高橋由伸監督が就任して2年目のシーズンとなった巨人は今季、72勝68敗で4位に沈み、初めてクライマックスシリーズ出場を逃した。かつて巨人史上最高の助っ人と呼ばれたレジェンド、ウォーレン・クロマティ氏は古巣に愛のある“ゲキ”を飛ばす。「巨人の監督になるのが夢」と激白する一方で、坂本勇人内野手をリードオフマンで起用することの有効性を説いた。

 クロマティ氏は、今年7月に宮城県石巻市で行われたリトルリーグ小学4・5年生の全国大会「MLBカップ」にゲストとして参加するために来日。16チーム、250人の野球選手に直接指導を行い、東日本大震災の被災地復興にも2年連続で貢献した。現在でも日本とのつながりを持つクロマティ氏は、7シーズン過ごした古巣への愛情をにじませている。

「私の夢の仕事はカントクになることだ。ジャイアンツのだ。私はなりたい」

 現在、日本において英語で子供と指導者を教える野球アカデミーの展開を計画しているクロマティ氏だが、個人的な夢について質問されると笑顔でこう語った。

 メジャーリーグのモントリオール・エクスポズ(現在のワシントン・ナショナルズ)から巨人に加入した同氏は、1984年から90年まで7シーズンに渡って活躍。1989年にはMVPに輝き、通算打率も.321をマークするなど輝かしい成績を誇っただけでなく、ヒットやホームランを放った後のバンザイパフォーマンスも有名だった。NPB史上屈指の助っ人としても絶大な人気を誇った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」