野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武3選手、元メジャーリーガー、元中日「ディンゴ」も…豪WLの注目は?

日本一を決める戦いが終わり、プロ野球は各チームが来年の頂点を目指して戦力の補強、整備を図っている。冬の到来は目前だが、まだベースボールシーズンに終了が訪れる気配はない。海の向こうではウィンターリーグが続々と開幕し、参加選手が腕をぶしている。

西武・森友哉【写真:編集部】
西武・森友哉【写真:編集部】

西武からは高橋光、中塚、森が参戦

 日本一を決める戦いが終わり、プロ野球は各チームが来年の頂点を目指して戦力の補強、整備を図っている。冬の到来は目前だが、まだベースボールシーズンに終了が訪れる気配はない。海の向こうではウィンターリーグが続々と開幕し、参加選手が腕をぶしている。

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 毎年、この時期になると、アメリカのアリゾナ、ドミニカ共和国、プエルトリコ、ベネズエラなど、世界の野球どころで開催されるショートシーズンのリーグ戦がウィンターリーグだ。シーズンオフに実戦を求めて、メジャーリーグのチームで主力を張る選手が参戦することも多い。

 NPBの球団も、若手選手を中心に派遣している。イチロー外野手(前マーリンズ)はプロ野球のシーズン最多記録となる210安打を打ち立てる前年のオフに、ハワイのウィンターリーグでMVPを獲得するなど腕を磨いていた。近年では、筒香嘉智外野手(横浜DeNA)がドミニカ共和国で武者修行を敢行している。

 オーストラリアン・ベースボールリーグ(ABL)はレギュラーシーズンが11月から翌年の2月であるため、ウィンターリーグのひとつに含まれる。今年はNPBから、埼玉西武の高橋光成投手、中塚駿太投手、森友哉捕手が派遣されることになった。高校野球で全国制覇を成し遂げてドラフト1位で入団し、次代のチームの顔として期待される高橋と森は、今季の飛躍が期待されていたが、ともに故障の影響でわずかな1軍出場にとどまっている。2位に終わったチームの総合力底上げへ、来季は投打のキーマンとなりうる存在だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」