野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 中村に押し出されたもう1人の中村 広島戦力外26歳のアピールは他球団に届くか

中村に押し出されたもう1人の中村 広島戦力外26歳のアピールは他球団に届くか

中村亘佑は、横浜商科大高校時代は強打の捕手として知られた。高校通算46本塁打のスラッガーは、プロ志願届を提出し、9月に広島カープ入団テストを受けて合格。2009年育成ドラフトで2位で指名され、広島に入団した。

広島捕手の今季成績一覧
広島捕手の今季成績一覧

強打の捕手として期待された中村亘佑、育成6年経て支配下登録も1軍出場なし

 中村亘佑は、横浜商科大高校時代は強打の捕手として知られた。高校通算46本塁打のスラッガーは、プロ志願届を提出し、9月に広島カープ入団テストを受けて合格。2009年育成ドラフトで2位で指名され、広島に入団した。

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 入団時の評価は、「ゆったりした構えからのフルスイングで長打を放つ打撃はもちろん、強気のリードで投手を引っ張り、捕手としての資質もある」というものだった。

 当時、広島の捕手陣は層が厚かった。

倉義和 35歳
石原慶幸 31歳
上村和裕 27歳
山本翔 26歳
白濱裕太 25歳
曾澤翼 22歳
中村亘佑 19歳 育成

 広島は伝統的に年齢差のある2人の捕手を併用し、徐々に世代交代をしていく傾向がある。2009年はベテランの倉が43試合、石原が124試合に出場。石原はWBCにも出場するなど不動の正捕手だったが、打撃のいい曾澤が14試合に出場し、次世代の捕手として台頭しつつあった。

 中村はルーキーだった2010年は2軍で20試合に出場、27打数5安打3二塁打、打率.185の成績だった。2011年は2軍で54試合に出場し、83打数14安打、打率.169。捕手としては6試合、一塁で11試合の出場にとどまり、代打やDHでの起用が多かった。

 2012年、曾澤の1軍起用が増えて32試合に出場。後継捕手争いに決着がつきつつあった。そんな中、チームは中村に実戦経験を積ませるために、四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに派遣した。

 広島は若手選手やドミニカ共和国カープアカデミー出身の外国人選手を、しばしば四国ILに派遣する。年俸は広島持ちだが、派遣選手は独立リーグで優先的に起用される。この年、中村は徳島で49試合に出場、152打数38安打2本塁打39打点、打率.250を記録した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」