野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

アジア制覇の稲葉ジャパン、輝いたのは誰だ? 近藤健、西川が打率5割超え

3連勝でアジアの頂点へと駆け上がった稲葉ジャパン。U-24世代が中心となった戦った「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」で、若き侍の中でも、特に輝きを放ったのは、どの選手だったのか。大会の成績から振り返ってみたい。

その巧打者ぶりをいかんなく発揮した侍ジャパン・近藤健介【写真:Getty Images】
その巧打者ぶりをいかんなく発揮した侍ジャパン・近藤健介【写真:Getty Images】

2試合連続先制打の西武・外崎が大会MVP

 野球日本代表「侍ジャパン」は19日、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」の決勝で韓国と対戦。2ケタ11安打を放つ攻撃を浴びせかけて7-0と宿敵を圧倒して快勝した。侍ジャパンの新たな指揮官へと就任した稲葉篤紀新監督の初陣で、見事にアジア制覇を成し遂げた。

 初戦の韓国戦は延長10回タイブレークにもつれ込む激戦の末に、3点ビハインドをひっくり返しての劇的なサヨナラ勝ちを収めた稲葉ジャパン。第2戦のチャイニーズ・タイペイ戦では先発のDeNA・今永の好投などもあり、投打で相手を圧倒して快勝した。勢いに乗って臨んだ決勝も先発の巨人・田口が7回無失点の好投を見せるなど、宿敵を圧倒した。

米国代表メンバーを驚かせた日本が秘めるパワー「短絡的に考えるのは危険」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 3連勝でアジアの頂点へと駆け上がった稲葉ジャパン。U-24世代が中心となった戦った「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」で、若き侍の中でも、特に輝きを放ったのは、どの選手だったのか。大会の成績から振り返ってみたい。

◯西武・外崎修汰
 大会MVPに輝いた1992年12月20日生まれの24歳。青森の実家はりんご農家を営む。青森県立弘前実業高から富士大を経て、2014年のドラフト3位で西武へ。3年目の今季打撃が開花し、135試合438打数113安打10本塁打48打点、打率.258をマーク。今大会は初戦は1安打だったが、チャイニーズ・タイペイ戦で2回に先制ソロを放つなど、3安打2打点。決勝の韓国戦でも4回に、2戦連続の先制打となる適時打を放ち、5回にもタイムリー。3試合で13打数6安打1本塁打4打点と活躍した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」