野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

リーグ優勝目指す西武の戦力整備 助っ人4投手、松坂世代3選手らが退団

リーグ4位に終わった昨季から躍進し、今季は2位に食い込みながらも、クライマックスシリーズ・ファーストステージで敗退した西武。来季のリーグ制覇、日本一に向けて、オフにはベテラン組を中心に戦力外通告を行い、2018年シーズンに向けた編成を進めている。

2軍育成コーチとなった鬼崎裕司【写真:編集部】
2軍育成コーチとなった鬼崎裕司【写真:編集部】

上本、渡辺、木村…3人の“松坂世代”が戦力外に

 リーグ4位に終わった昨季から躍進し、今季は2位に食い込みながらも、クライマックスシリーズ・ファーストステージで敗退した西武。来季のリーグ制覇、日本一に向けて、オフにはベテラン組を中心に戦力外通告を行い、2018年シーズンに向けた編成を進めている。

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 長年チームを支えてきた上本達之捕手や大崎雄太朗外野手、渡辺直人内野手、鬼崎裕司内野手、岩尾利弘投手など8選手を戦力外とする一方で、今季補強したばかりのブライアン・シュリッター投手、フランク・ガルセス投手、アレクシス・キャンデラリオ投手、スティーブン・ファイフ投手の外国人4投手を自由契約とした。

 また、牧田和久投手がポスティングシステムを利用したメジャー挑戦を表明し、今季11勝を挙げた野上亮磨投手は国内FA権を行使。残留の選択肢も残しているものの、去就は不透明な状況となっている。

 今季限りで戦力外、退団となった選手たちの実績を振り返ってみる。

◯上本達之(戦力外、引退しブルペン捕手に)
 プロ15年目。通算466試合出場。745打数168安打13本塁打78打点、打率.226。松坂世代の1人で、山口・宇部商高から協和発酵を経て、2002年ドラフト6位で西武に入団。打力を買われ、捕手だけでなく一塁手や外野手としてもプレーし、2010年には自己最多91試合に出場した。その後も控え捕手としてチームを支え続け、今季も炭谷、岡田に続く3番手として中盤まで1軍に登録されていた。

◯渡辺直人(戦力外)
 プロ11年目。通算1046試合出場。3185打数832安打4本塁打216打点、打率.261。こちらも松坂世代の1人。茨城・牛久高から城西大、三菱ふそう川崎を経て、2006年の大学・社会人ドラフト5位で楽天に入団。2010年オフの契約更改終了後に横浜(現DeNA)へ金銭トレードされた。2013年シーズン途中に西武へトレード移籍。しぶとい打撃と内野ならどこでもこなせるユーティリティー選手で、2014年には104試合に出場したが、その後は徐々に出場試合数を減らし、今季は32試合にとどまっていた。古巣の楽天へ復帰が有力と見られている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」