野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「福岡発 売り子名鑑」15歳デビューの6年目、ベテランが明かす売り子界の奥深さ

球場の新たなエンターテインメントとなっている「売り子」。美女どころといわれる福岡のヤフオクドームで働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介している「福岡発 売り子名鑑」の第32回をお届けする。第32回はキリンビールの「かずは」さん、だ。

キリンビールの「かずは」さん【写真:福谷佑介】
キリンビールの「かずは」さん【写真:福谷佑介】

高校1年生で売り子デビュー、キリンビールの最古参

 球場の新たなエンターテインメントとなっている「売り子」。美女どころといわれる福岡のヤフオクドームで働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介している「福岡発 売り子名鑑」の第32回をお届けする。日本シリーズも終わり、ついにシーズンオフとなった今季。売り子に会えるのは、11月26日に行われる「ファンフェスティバル」が最後となる。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 第32回はキリンビールの「かずは」さん、だ。

 21歳になったばかりの「かずは」さん。福岡市内の大学に通い、メディア関係を学ぶ大学3年生だ。まだ21歳だが、売り子の世界では、もはや大ベテランの域。売り子歴はなんと6年になり、キリンビールの売り子では在籍期間は最長となっている。

 2012年、高校1年生で売り子デビューを果たした彼女。小学、中学、高校が同じだった先輩からの誘いで、売り子界に身を投じた。「もともと野球は好きだったので、先輩に誘われて始めました」。当時は、もちろん最年少。「始めた時は15歳だったので、年齢を聞かれると、お客様にも引かれていました」という。

 始めた当初は「キツすぎて、ずっと辞めようと思っていました。学校の後にドームに行って、次の日の朝また学校に行って。最初は売れるわけでもなかったので、精神的にキツかったです」。そんな中で実際には辞めることなく、仕事を続けられたのは「小久保選手のファンで。始めた年が小久保選手の現役最後の年でした。小久保選手が見られるから、というので続けられていました」という理由からだった。気づけば先輩になり、キャリアは6年目になっていた。

 6年も売り子の世界にいれば、酸いも甘いも知ることになる。ベテランだからこそ分かる売り子業のコツは「まずは出勤すること」だという。「自分たちがお客様のことを覚えることはもちろんですが、お客様に覚えてもらえるまで出勤することが大事です」と、まずは存在をファンに認識してもらうことが大前提。「私は年間シートのお客様とか、1度でも見たことあるお客様には必ず挨拶するようにしています。その人が買わなくても、ビール飲めなくても、です」という徹底ぶりだ。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬