野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ラミレス以来2人目の快挙なるか…パMVPサファテ、名球会入りまで21セーブ

20日に開催された「NPB AWARDS 2017 supported by リポビタンD」で今季の最優秀選手賞(MVP)が発表され、パ・リーグはソフトバンクのデニス・サファテ投手が受賞した。総投票数263のうち1位票を180票獲得し、セ・リーグMVPの丸佳浩(広島)同様、圧倒的な結果となった。

パ・リーグMVPを受賞したソフトバンク・サファテ【写真:藤浦一都】
パ・リーグMVPを受賞したソフトバンク・サファテ【写真:藤浦一都】

救援投手のMVP受賞は両リーグ合わせて5人6例目

 20日に開催された「NPB AWARDS 2017 supported by リポビタンD」で今季の最優秀選手賞(MVP)が発表され、パ・リーグはソフトバンクのデニス・サファテ投手が受賞した。総投票数263のうち1位票を180票獲得し、セ・リーグMVPの丸佳浩(広島)同様、圧倒的な結果となった。

 救援投手がMVPを獲得するのは、両リーグ合わせて5人、6例目だ。

1979年 江夏豊(広)9勝5敗22S 防2.66
1981年 江夏豊(日)3勝6敗25S 防2.82
1988年 郭源治(中)7勝6敗37S 防1.95
1998年 佐々木主浩(横)1勝1敗45S 防0.64
2011年 浅尾拓也(中)7勝2敗10S 45H 防0.41
2017年 D.サファテ(ソ)2勝2敗54S 防1.09

 いずれもリーグ優勝チームから選出された。救援投手の活躍は、チームの優勝と切っても切れない関係にある。サファテは外国人の救援投手としては、1988年の中日・郭源治についで2人目だ。

 1979年の広島・江夏は、近鉄との日本シリーズでのちに「江夏の21球」と語り継がれる快投を見せた。その2年後、今度はパ・リーグの日本ハムでもMVPを獲得。「優勝請負人」の異名を執った。セーブはNPBでは1974年から導入されたが、江夏はこれまで補助戦力的に見られがちだった救援投手のステータスを引き上げたと言えるだろう。

 2011年の中日・浅尾はクローザーではなく、中継ぎの中でもセットアッパーが受賞した唯一の例だ。ホールドはNPB全体では2005年から導入されたが、このMVP受賞で浅尾もセットアッパーのステータスを引き上げ、認知させた。

人気記事ランキング