野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

打率.000から復活へ ロッテ岡田、再び1軍の「エリア66」で躍動なるか

今季12球団ワーストのチーム打率.233と、打撃不振に苦しんだ千葉ロッテだが、その中でも一際苦いシーズンを送った選手がいる。プロ9年目、33歳の岡田幸文外野手だ。今季は31試合に出場したものの、1軍無安打でシーズンを終えた。

ロッテ・岡田幸文【写真提供:千葉ロッテ・マリーンズ】
ロッテ・岡田幸文【写真提供:千葉ロッテ・マリーンズ】

鉄壁の守備を誇るも…今季は31試合出場で無安打

 今季12球団ワーストのチーム打率.233と、打撃不振に苦しんだ千葉ロッテだが、その中でも一際苦いシーズンを送った選手がいる。プロ9年目、33歳の岡田幸文外野手だ。今季は31試合に出場したものの、1軍無安打でシーズンを終えた。

 栃木県出身の岡田。作新学院高校を卒業後に日本大学に進学するも、直後に全治1年を超える大怪我を負い、失意のまま中退。その後、2004年からは給食センターで働きながら、全足利クラブというクラブチームで野球を続けた。2006年に左手首の骨折や右ひざ半月板損傷の怪我を負う苦難を味わうが、プロの道を諦めず努力を続け、2008年に千葉ロッテの入団テストに合格。育成ドラフト6位でプロ入りを果たす。そして、翌年3月、支配下選手登録された。

 2年目の2010年6月1日、1軍に初昇格。翌日の試合では「9番・中堅」で初スタメンに抜擢されると、初安打初打点に初盗塁も成功させる活躍ぶりを見せる。この年、チームはクライマックスシリーズで優勝、日本シリーズに進出。岡田は日本シリーズ第7戦、延長12回に中日の浅尾から決勝打を放ち、「史上最大の下克上」と呼ばれるシーズン3位からの日本一に大きく貢献した。

 翌年、育成出身選手としては史上初となるシーズン全試合に出場。打率.267、チーム最多41盗塁を記録した。そして岡田と言えば「エリア66」と称賛される鉄壁の外野守備が代名詞だ。俊足を生かした守備範囲の広さ、球際の強さ、的確な打球判断で幾度となくチームの危機を救い、外野手連続守備機会無失策359で連盟特別表彰も受ける。

人気記事ランキング