野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「福岡発 売り子名鑑」キリンの頂点に立つN01売り子 特技は護身術?

球場の新たなエンターテインメントとなっている「売り子」。美女どころといわれる福岡のヤフオクドームで働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介してきた「福岡発 売り子名鑑」は、今回が最終回。日本シリーズも終わり、ついにシーズンオフとなった今季。これまでにも紹介してきた売り子さんに今シーズンで会えるのは、11月26日に行われる「ファンフェスティバル」が最後となる。

キリンビールの「りの」さん【写真:福谷佑介】
キリンビールの「りの」さん【写真:福谷佑介】

「坂本選手に会えるかも…」で始めた売り子、最高記録は289杯

 球場の新たなエンターテインメントとなっている「売り子」。美女どころといわれる福岡のヤフオクドームで働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介してきた「福岡発 売り子名鑑」は、今回が最終回。日本シリーズも終わり、ついにシーズンオフとなった今季。これまでにも紹介してきた売り子さんに今シーズンで会えるのは、11月26日に行われる「ファンフェスティバル」が最後となる。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 最終回となる第33回はキリンビールの「りの」さん、だ。

 大学3年生の「りの」さんはソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで働く数多くの売り子の中で、キリンビールのトップに君臨する超売れっ子。自身最高記録は今シーズン中に達成した289杯。まさにナンバーワンと呼ぶに相応しいキャリア4年目の売り子である。

 今やナンバーワンとなった「りの」さんだが、売り子を始めたキッカケは、何ともミーハーな理由だったという。売り子としてのキャリアをスタートさせたのは高校3年生の春。高校の先輩からの誘いがあったのだが、「その当時、巨人の坂本勇人選手を格好いいなと思って野球を見ていたんです。先輩が誘ってくれて『もしかしたら坂本選手に会えるかも』という高校生の浅はかな考えで始めたんです」

 売り子1年目の11月、ヤフオクドームで侍ジャパンの壮行試合が行われた。この試合が終わった後のこと。「ゴミ捨てに行った時に、坂本選手とたまたますれ違ったんです」。売り子の世界に飛び込むキッカケとなったミーハーな希望が叶ったのだが、「『あ、会えた』と満足して、そこで一気に熱は冷めました」という。

「辞める理由もなかったので」と何となく続けた2年目が転機となった。「売り方も覚えてきて、だんだんビールが売れるようになっていったんです。私、それまでの人生で自信をもってコレが出来るというものが無かったので、せっかくやるなら上を目指そうと思ったんです」と決意し、研究を重ねるようになった。

 当時、キリンビールには「ひなこさん」というナンバーワンがいた。「同じエリアで売っていて間近で見ていたので、すごく勉強になりましたし、その人を越えようと目標に思ってやりました」。大先輩の動きを見て盗み、アドバイスももらった。「私の2年目が、ひなこさんの最後の年でした。ひなこさんから『この号店をりのちゃんに引き継ぎたい』と言っていただき、なお一層頑張らないとと思いましたね」。かつてのレジェンドから直々に後継指名も受けたのだ。

 その後キリンビールのナンバーワンに上り詰めた彼女。その秘訣は一体どこにあるのか。聞いてみると、売れっ子の売れっ子たる秘密が出てくる、出てくる…。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬