野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

セ・リーグ2位阪神の外国人査定 メッセ、マテオ、ドリスは大成功も…

阪神にとっては収穫と悔しさが同居するシーズンとなった。78勝61敗4分、17個の貯金を作った一方で、リーグ優勝を果たした広島とは10ゲームの大差をつけられてのセ・リーグ2位。さらに、クライマックスシリーズでは、あの“泥んこ試合”もあって3位のDeNAに敗戦を喫し、日本一への夢は絶たれた。

メッセンジャーのこれまでの成績一覧
メッセンジャーのこれまでの成績一覧

マテオは最優秀中継ぎ、ドリスは最多セーブのタイトルを獲得

 阪神にとっては収穫と悔しさが同居するシーズンとなった。78勝61敗4分、17個の貯金を作った一方で、リーグ優勝を果たした広島とは10ゲームの大差をつけられてのセ・リーグ2位。さらに、クライマックスシリーズでは、あの“泥んこ試合”もあって3位のDeNAに敗戦を喫し、日本一への夢は絶たれた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季はチーム防御率3.29をマークし、投手力で勝ち取ったリーグ2位だったと言えるだろう。12球団を見渡しても、チーム防御率3.29は、日本一に輝いたソフトバンクの3.22に次ぐ12球団で2位の好成績だった。その一方でチーム打率.2486はセ・リーグ4位。攻撃面での差が、広島との差に繋がった印象だ。

 助っ人も投手陣に関しては先発のメッセンジャー、セットアッパーのマテオ、クローザーのドリスと3投手が大車輪の活躍を見せた。マテオはチームメートの桑原謙太朗とともにセ・リーグ最優秀中継ぎ投手、ドリスは最多セーブのタイトルを獲得。一方の野手は三塁手として期待していたキャンベルは不振から抜け出せず、7月に緊急補強したロジャースも昇降格を繰り返し、結果を残せず。助っ人砲が外れに終わったことも痛かった。

 ここでは、その助っ人勢の今季の成績と働きを見てみよう。

◯ロマン・メンデス
8試合(0先発)0勝0敗1ホールド0セーブ 防御率6.52
9回2/3 12安打3四球1死球1本塁打9奪三振 WHIP1.55

 レッドソックスから今季阪神に加入した助っ人。だが、春キャンプ中に、昨季から在籍していたドリスの再契約が決まり、第4の外国人に。外国人枠の影響でなかなか1軍登板の機会に恵まれなかった。7月に故障離脱したマテオに代わって1軍に昇格したが、マテオの復帰で降格。その後離脱したメッセンジャーに代わって昇格したが、結果は奮わなかった。

◯マルコス・マテオ
63試合(0先発)7勝4敗36ホールド0セーブ 防御率2.75
59回 49安打17四球3死球2本塁打62奪三振 WHIP1.12

 カブスやダイヤモンドバックス、パドレスなどを経て2016年から阪神に。昨季はストッパーとして20セーブをマークしたが、今季はドリスと役割が逆転してセットアッパーに。150キロ超の真っ直ぐを武器とし、59イニングで17四球とコントロールに大きな不安はなし。36ホールドをマークして、桑原謙太朗とともに最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」