野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

FA市場NO1、ダルビッシュが評価される理由 MLB公式サイトが数値で“証明”

今オフ、あらゆる米メディアからフリーエージェント(FA)市場「NO1」の評価を受けているダルビッシュ有投手。レンジャーズから7月にドジャースに移籍した今季は、31試合先発で10勝12敗、防御率3.86、186回2/3を投げて209奪三振という成績だった。去就にワールドシリーズでの2試合連続KOが響くとの見方もあるが、メジャートップクラスの先発投手として大型契約を手にする可能性が高い。

去就が注目されるドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
去就が注目されるドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

数値が示すダルビッシュの凄さ、奪三振率は“歴代NO1”&直球回転数もトップクラス

 今オフ、あらゆる米メディアからフリーエージェント(FA)市場「NO1」の評価を受けているダルビッシュ有投手。レンジャーズから7月にドジャースに移籍した今季は、31試合先発で10勝12敗、防御率3.86、186回2/3を投げて209奪三振という成績だった。去就にワールドシリーズでの2試合連続KOが響くとの見方もあるが、メジャートップクラスの先発投手として大型契約を手にする可能性が高い。

【PR】ダルビッシュを観るなら「DAZN」! 今なら無料視聴可能、MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 ダルビッシュがエース級の投手であることは、数字が証明している。MLB公式サイトは「球団がダルビッシュを獲得するべき5つの理由」と題した特集記事を掲載。その凄さを項目別に紹介している。5つの理由とされているのは「彼は三振を奪うことができる」「彼は刺激的な球を持っている」「ダルビッシュの球を打つのは非常に困難」「彼は毎シーズン生産的である」「彼のスライダー」だ。

 右腕の9イニングあたり奪三振数が、先発投手として“史上最高”であることは、これまでも何度も報じられてきた。記事では「彼の(今季の)9イニングあたりの奪三振数は10.1であり、5シーズン連続で2桁を記録した。ダルビッシュの通算での9イニングあたりの奪三振数は11.0。彼の初年度である2012年以降、有資格(規定投球回到達)投手の間では2番目に高い数字である」と指摘。2012年以降でダルビッシュを上回っているのは、昨年9月にボート事故で急逝したホセ・フェルナンデスしかいないという。

 9イニングあたりの奪三振数11.2のフェルナンデスの通算イニング数は471回1/3。800イニング以上を投げた選手に限定すると、ダルビッシュは先発投手の中で歴代1位の数値をマークしている。記事によると、「先発投手の通算最高奪三振率(最低800イニング)の順位は1位ダルビッシュ(29.7%)、2位クリス・セール(29.2%)、3位スティーブン・ストラスバーグ(29.2%)、4位ランディ・ジョンソン(28.6%)、5位クレイトン・カーショー(27.9%)となっている。

 また、「刺激的な球」の項目では「ダルビッシュはあらゆる方向へ変化する素晴らし球を多く持っており、打者を打ち負かすことが出来る」と評価。特筆しているのは、フォーシーム(直球)の回転数だ。ダルビッシュの2017年の直球平均回転数2499回/分は3位で、上にはジャスティン・バーランダー(2541回/分)、マックス・シャーザー(2504回/分)というメジャーを代表する2人の右腕しかいないという。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬