野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 「大谷がヤンキースを選ぶべき4つの理由」とは? 地元メディアが特集記事

「大谷がヤンキースを選ぶべき4つの理由」とは? 地元メディアが特集記事

ついにメジャー挑戦に踏み切る大谷翔平投手。日本ハムは12月1日にもポスティングシステム(入札制度)の利用を申請する見込みで、大争奪戦が本格的に幕を開けることになる。

去就が注目される日本ハム・大谷翔平【写真:石川加奈子】
去就が注目される日本ハム・大谷翔平【写真:石川加奈子】

大谷がヤンキースに入団することで得られるメリットは?

 ついにメジャー挑戦に踏み切る大谷翔平投手。日本ハムは12月1日にもポスティングシステム(入札制度)の利用を申請する見込みで、大争奪戦が本格的に幕を開けることになる。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 米メディアの中で、最有力候補として度々名前が挙がっているのが、メジャー随一の名門ヤンキースだ。多くの選手がピンストライプのユニホームに憧れる“ブランド力”に加えて、新労使協定のもとで制限される大谷の契約金の枠を、レンジャーズの353万5000ドル(約3億9340万円)に続いて2番目に多い350万ドル(約3億8990万円)残していることも、大きな理由の1つとされる。当然、常勝軍団であるということも選手にとっては大きな魅力であり、すでに二刀流での起用にも寛容な姿勢を示している。

 では、地元メディアが見る“魅力”とは何なのか。ニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」は「オオタニがヤンキースを選ぶべき4つの大きな理由」と題した特集記事を掲載。ヤンキース番のブレンダン・カティ記者が、なぜ大谷がヤンキースにフィットするかを分析している。

 最初に挙げられているのは、現在のヤンキースの強さだ。「現在、勝利するチャンス」として、今季のポストシーズンでは、世界一に輝いたアストロズとリーグ優勝決定シリーズ第7戦までもつれる熱戦を演じたことを紹介。その多くのメンバーが来季も残留すると言及している。

 その上で「オオタニがもしヤンキースに加われば、彼は過去2年でサイ・ヤング賞候補10人の中に選出された2人のスターターを擁するローテーションの最前線に入るだろう」と指摘。昨年のサイ・ヤング賞投票で7位に入った田中将大投手、今年の投票で3位だったルイス・セベリーノ投手が来季も先発ローテの軸となるが、大谷は「最前線」に入るという。

 さらに、打者としても「ラインナップの更なら飛躍につながる根拠も数多くある」と指摘。伸び盛りのアーロン・ジャッジ、ゲイリー・サンチェスといった強打者とともに大谷が打線を形成すれば、破壊力はさらに増すというのだ。

 そして、これらのメンバーが全員若いことも、今のヤンキースの大きな魅力。来年以降、黄金時代が訪れる可能性は大いにある。カティ記者は「近い将来の勝利」を2番目の理由に挙げ「オオタニは7月までは24歳にならず、セベリーノは23歳、ジャッジは25歳、サンチェスは24歳である。ヤンキースは、この先何年もメジャーで結果を出す用意が整っている」としている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」