野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1軍定着は“狭き門”、他球団で開花する逸材も…巨人過去10年のドラフト査定

巨人はこの10年間、12球団で最も多い116人もの選手をドラフトと育成ドラフトで獲得している。しかし、実績を挙げないままに退団した選手も多いのが実情だ。最近10年ではリーグ優勝5度、CS出場9度、日本一2度の成績。11年連続CS出場を逃した今季は、オフにチームの若返りを図るため、村田修一内野手、實松一成捕手らを戦力外通告としたが、次世代を担う若手は育っているのだろうか。

2012年ドラフト1位で巨人に入団した菅野智之【写真:Getty Images】
2012年ドラフト1位で巨人に入団した菅野智之【写真:Getty Images】

11年連続CS進出ならず、今オフ若返りを図る

 巨人はこの10年間、12球団で最も多い116人もの選手をドラフトと育成ドラフトで獲得している。しかし、実績を挙げないままに退団した選手も多いのが実情だ。最近10年ではリーグ優勝5度、CS出場9度、日本一2度の成績。11年連続CS出場を逃した今季は、オフにチームの若返りを図るため、村田修一内野手、實松一成捕手らを戦力外通告としたが、次世代を担う若手は育っているのだろうか。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 過去10年のドラフト実績を振り返ってみよう。

※は現時点での現役選手

○2008年
1位・大田泰示 内 東海大学相模高・343試210安24本86点16盗 打率.243 日ハムへ※
2位・宮本武文 投 倉敷高・(1軍出場なし)
3位・齋藤圭祐 投 千葉経済大学附属高・(1軍出場なし)
4位・橋本到 外 仙台育英学園高・393試230安9本79点31盗 打率.243※
5位・笠原将生 投 福岡工業大附属城東高・7勝1敗1S3H 防御率4.34
6位・仲澤広基 内 国際武道大学・14試2安0本1点0盗 打率.250 楽天へ
育1位・杉山晃紀 投 綾部高・(1軍出場なし)
育2位・尾藤竜一 投 岐阜城北高卒・(1軍出場なし)
育3位・山本和作 内 大阪経済大学・115試37安4本17点3盗 打率.207 オリックスへ
育4位・福元淳史 内 NOMOベースボールクラブ・16試8安0本4点0盗 打率.222 ソフトバンクへ

 1位は今季から日本ハムに移籍して規定打席に達した大田泰示。大器と言われながら、巨人時代はレギュラーに定着できなかった。4位の橋本到は外野手として活躍している。他の8選手は現役を退いている。

○2009年
1位・長野久義 外 Honda・1093試1160安124本448点90盗 打率.286※
2位・鬼屋敷正人 捕 近畿大学工業高専・2試0安0本0点0盗 打率.000
3位・土本恭平 投 JR東海・0勝1敗0S0H 防御率7.36
4位・市川友也 捕 鷺宮製作所・251試105安6本42点1盗 打率.202 日ハムへ※
5位・小野淳平 投 日本文理大学・4勝5敗0S1H 防御率4.33 広島へ※
育1位・星野真澄 投 信濃グランセローズ・1勝0敗0S2H 防御率4.37
育2位・河野元貴 捕 九州国際大学付属高・11試1安1本3点0盗 打率.063※
育3位・陽川尚将 内 金光大阪高・(入団せず)のち阪神※
育4位・大立恭平 投 岡山商科大学・(1軍出場なし)
育5位・神田直輝 投 群馬大学教育学部準硬式野球部・(1軍出場なし)

 1位の長野久義は2006年日本ハム、2008年ロッテのドラフト指名を蹴って、2009年に「相思相愛」の巨人に入団。2年目に首位打者、3年目に最多安打と期待通りの活躍を見せた。4位の市川は2013年金銭トレードで日本ハムへ。大野奨太に次ぐ2番手捕手として活躍している。現在阪神の陽川は、この年巨人に育成で指名されたが入団を拒否し、東京農業大に進学した。

○2010年
1位・澤村拓一 投 中央大学・44勝41敗73S13H 防御率2.61※
2位・宮國椋丞 投 糸満高・21勝19敗1S12H 防御率3.58※
3位・田中太一 投 大分工業高・(1軍出場なし)
4位・小山雄輝 投 天理大学・8勝8敗1S5H 防御率3.08 楽天へ※
育1位・和田凌太 内 広島工業高・(1軍出場なし)
育2位・岸敬祐 投 愛媛マンダリンパイレーツ・(1軍出場なし)
育3位・福泉敬大 投 神戸9クルーズ・(1軍出場なし)
育4位・荻野貴幸 内 愛知工業大学・(1軍出場なし)
育5位・財前貴男 内 エイデン愛工大OB BLITZ・(1軍出場なし)
育6位・成瀬功亮 投 旭川実業高・(1軍出場なし)※
育7位・川口寛人 内 西多摩倶楽部・(1軍出場なし)
育8位・丸毛謙一 外 大阪経済大学・1試0安0本0点0盗 打率.000 オリックスへ

 この年1位の澤村も「相思相愛」と言われて入団。これまで先発、救援で活躍したが、今季は1軍登板がなかった。宮國も大型右腕として期待されているだけに、来季の奮起を期待したい。この2人と楽天に移籍した4位の小山、育成6位の成瀬を除く8人はプロ野球から去っている。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬