野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 渡米の韓国選手が続々母国復帰、韓国紙が厳しい論調「期待より遥かに低い…」

渡米の韓国選手が続々母国復帰、韓国紙が厳しい論調「期待より遥かに低い…」

今オフは複数の韓国人選手が母国リーグに復帰した。ジャイアンツに所属した黄載均(ファン・ジェギュン)内野手はKTウィズと4年契約で合意。またツインズに所属していた朴炳鎬(パク・ビョンホ)内野手も契約途中で古巣ネクセンに復帰が決まった。これを受け、韓国メディアは母国の有力選手たちがメジャーの「高い壁」に跳ね返されたと厳しい論調でレポートしている。

韓国球界に復帰が決まった朴炳鎬【写真:Getty Images】
韓国球界に復帰が決まった朴炳鎬【写真:Getty Images】

メジャー挑戦の韓国人選手がKBO復帰、韓国紙が特集

 今オフは複数の韓国人選手が母国リーグに復帰した。ジャイアンツに所属した黄載均(ファン・ジェギュン)内野手はKTウィズと4年契約で合意。またツインズに所属していた朴炳鎬(パク・ビョンホ)内野手も契約途中で古巣ネクセンに復帰が決まった。これを受け、韓国メディアは母国の有力選手たちがメジャーの「高い壁」に跳ね返されたと厳しい論調でレポートしている。

 昨オフ、ジャイアンツとマイナー契約を結んだ黄は6月にメジャー昇格。一塁手として52試合に出場したが、打率.154、1本塁打、5打点と不本意なシーズンに終わり、メジャー挑戦1年で母国復帰となった。一方、韓国プロ野球(KBO)で2シーズン連続50本塁打以上(52本、53本)をマークした強打者・朴はポスティングシステムを経て2015年オフにツインズと4年総額1200万ドル(約13億3000万円)の契約を締結したが、3年目を迎える前に母国への復帰となった。1年目で12本塁打を放つも打率.191と苦しみ、7月以降はメジャーの舞台に立てず。2年目の17年もメジャー昇格をつかめず、渡米2年で62試合の出場にとどまった。

 これを受け、韓国紙「コリア・タイムズ」は「韓国人選手たちの出戻りが示す、MLBの高い壁」との見出しで特集。母国の有力選手がメジャーで苦しんだ様子を伝えた。

 同紙は「メジャーに渡った韓国人選手たちが続々と韓国の球団に戻っている」とレポート。「彼らの状況は異なるが、出戻りの選手に共通することとしては、期待されていたところより遥かに低いレベルのパフォーマンスしかできず、世界一競争力のあるリーグにフィットできなかった、ということだ」と厳しい論調で伝えた。

人気記事ランキング