野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 渡米の韓国選手が続々母国復帰、韓国紙が厳しい論調「期待より遥かに低い…」

渡米の韓国選手が続々母国復帰、韓国紙が厳しい論調「期待より遥かに低い…」

今オフは複数の韓国人選手が母国リーグに復帰した。ジャイアンツに所属した黄載均(ファン・ジェギュン)内野手はKTウィズと4年契約で合意。またツインズに所属していた朴炳鎬(パク・ビョンホ)内野手も契約途中で古巣ネクセンに復帰が決まった。これを受け、韓国メディアは母国の有力選手たちがメジャーの「高い壁」に跳ね返されたと厳しい論調でレポートしている。

金賢洙も「将来のメジャーでのキャリアに疑問残る」

 記事では、16年にオリオールズに加入後、今季途中にフィリーズにトレードとなり、現在フリーエージェント(FA)となっている金賢洙(キム・ヒョンス)外野手についても「将来のメジャーでのキャリアに疑問が残る」と言及。また、近年メジャー挑戦を目指していた孫児葉(ソン・アソプ)外野手もロッテと新たに4年契約を結んで韓国球界にとどまったことに触れ、メジャーでの成功に厳しい壁が立ちはだかっている様子を伝えている。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 韓国選手では15年からパイレーツでプレーした姜正浩(カン・ジョンホ)内野手が2シーズンで打率.273、36本塁打、120打点と結果を残したが、16年オフに母国での飲酒運転等のトラブルにより、就労ビザが下りずに17年シーズンはメジャーでプレーできなかった。その後、参加していたドミニカ共和国のウインターリーグでもリリースとなったことが伝えられていた。昨季は元ソフトバンクの李大浩(イ・デホ)内野手がマリナーズでメジャーデビューしたが1シーズンで韓国球界へと復帰している。

 現在は秋信守(チュ・シンス)外野手がレンジャーズでレギュラーを担い、今季はキャリア最多タイの22本塁打(通算168本塁打)を記録。投手では柳賢振(リュ・ヒョンジン)がドジャースで4シーズンを終え、手術による離脱もあったが通算33勝(25敗)をマーク。また元阪神の呉昇桓(オ・スンファン)もカージナルス2年目で防御率4.10と苦しんだが、2シーズンで138試合に登板し、7勝9敗、21ホールド、39セーブ、防御率2.85を記録している。

 その一方で韓国国内で実績を積んだ打者の多くがメジャーで苦しむ結果となり、韓国国内でも厳しい目が向けられている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」