野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム斎藤佑、プロ8年目へ胸中激白「優勝したい」「その輪の中心にいたい」

1日に札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ日本ハムの斎藤佑樹投手がプロ8年目へ胸中を激白した。この日は現状の2000万円から170万円減の推定1830万円で、5年連続ダウン更改。

契約更改に臨んだ日本ハム・斎藤佑樹【写真:石川加奈子】
契約更改に臨んだ日本ハム・斎藤佑樹【写真:石川加奈子】

球団から「絶対必要」の言葉、斎藤佑「もっともっと上を」

 1日に札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ日本ハムの斎藤佑樹投手がプロ8年目へ胸中を激白した。この日は現状の2000万円から170万円減の推定1830万円で、5年連続ダウン更改。今季6登板で1勝3敗、防御率6.75の成績で終えたが、交渉の席では球団側から「ファイターズに絶対必要」の言葉をかけられ、「優勝したいという気持ちがありますし、その輪の中心にいたいという気持ちもあります」と力を込めた。

 今年5月31日のDeNA戦で6回途中1失点と好投し、623日ぶりの勝利をつかみながらもその1勝に終わった。ここまでのプロ7年で74登板で15勝23敗、防御率4.24。来年6月に30歳を迎える右腕は来季飛躍を遂げ、チームを優勝へと導けるか。

 以下が斎藤の主な一問一答。

――サインは?

「しました。来年また契約してもらうことになりました」

――アップ、ダウン、現状維持、どんな評価だったか。

「ダウンですね」

――球団からはどんな話があったか。

「来年、栗山監督を胴上げしてほしいということと、ファイターズに絶対必要だということを言っていただきました」

――どんなシーズンだったか。

「納得のいくシーズンではなかったです。もっともっと勝ち星を……たくさんチャンスをいただいたのに、挙げられなかったことは悔しいシーズンでした」

――2勝目がなかなか挙げられなかった時期にはどんな思いがあったか。

「まずは自分の投球スタイルをまずはこの1年通してやっていこうと考えてやっていたので、本当に我慢というか、ブレないようにしていこうという風に考えていました」

人気記事ランキング