野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天創設時の首脳陣が明かす秘話 「我々3人の一番の失敗」は…

野球をテーマにした「第13回スポーツシンポジウム」(仙台市、仙台大、河北新報社主催)が11月30日にせんだいメディアテークで開催された。その中で楽天初代監督の田尾安志氏らから現役時代の5打席連続敬遠の秘話や楽天創設時の苦労などが語られた。

「第13回スポーツシンポジウム」に参加したマーティ・キーナート氏、田尾安志氏、山下大輔氏(左から)【写真:高橋昌江】
「第13回スポーツシンポジウム」に参加したマーティ・キーナート氏、田尾安志氏、山下大輔氏(左から)【写真:高橋昌江】

初代監督・田尾氏らが振り返る創設時の秘話、「半分はファンのもの」

 野球をテーマにした「第13回スポーツシンポジウム」(仙台市、仙台大、河北新報社主催)が11月30日にせんだいメディアテークで開催された。その中で楽天初代監督の田尾安志氏らから現役時代の5打席連続敬遠の秘話や楽天創設時の苦労などが語られた。

 この日のはじめには、楽天の初代ゼネラルマネジャーで仙台大上級研究アドバイザーのマーティ・キーナート氏がコーディネーターを務め、楽天の初代監督である田尾氏、楽天のヘッドコーチや2軍監督、編成本部長などを務めた山下大輔氏が「楽天イーグルスの成功は他の都市でもあり得るか?」をテーマにトークセッションを繰り広げた。

 山下氏と田尾氏は同じ球団でプレーしたことはないが、大学日本代表入りした時からの縁。2学年下の田尾氏が「慶應ボーイでハンサムで、(頭を指して)こういう状態じゃなかったんですけど」といじりつつ、「すごくかっこいい。守備も軽快で、計算された送球がすごいなと思っていた。ゆとりのある守備をしていた。華麗さがあった」と当時の山下氏のプレーについて回顧した。その後、ともに日本代表コーチを務め、楽天の創設時には監督とヘッドコーチに。山下氏は「僕は大洋ホエールズに所属していましたから、仙台の地にはすごく縁がある。大洋時代からここで毎年、試合をしていたので、楽天ができた時のメンバーに加わった時、第二の故郷に来たような気がしました」と懐かしんだ。

 話は、1982年10月18日の田尾氏が5打席連続敬遠された大洋対中日にも及んだ。「中日が勝てば優勝。中日が負ければ巨人が優勝となる試合だった。大洋の長崎啓二さんが首位打者で僕が9毛差で追いかけていて、僕は1本、ヒットを打つと首位打者になる試合だったが、5打席連続敬遠だった」と田尾氏。試合は9-0で中日が勝ち、優勝した。

人気記事ランキング