野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「責任」と「覚悟」ロッテ1位指名・安田の背筋を伸ばす履正社監督の言葉

「こんにちは。このたび千葉ロッテマリーンズから1位指名を受けました安田尚憲です。今日から千葉ロッテマリーンズの一員として自覚を持ってやっていこうと思いますので、よろしくお願いします」

入団交渉に臨んだ安田尚憲【写真:沢井史】
入団交渉に臨んだ安田尚憲【写真:沢井史】

夏の大阪大会敗退後から毎日グラウンドへ「プロでやっていける体を」

「こんにちは。このたび千葉ロッテマリーンズから1位指名を受けました安田尚憲です。今日から千葉ロッテマリーンズの一員として自覚を持ってやっていこうと思いますので、よろしくお願いします」

 引き締まった表情、はきはきした語り口調は、今までのそれとは変わらない。約1時間の契約交渉を終え、こう口にした安田。今まで何度も見てきた制服姿でも、もうプロ野球選手の一員になったような佇まいだった。

 ドラフトから約1か月。周囲から多くの祝福の言葉を受けるも、現役選手に混じり、今も練習を続けている。もっと言うと、夏の大阪大会で敗れた7月下旬からほぼ毎日グラウンドにいた。夏休みはU18日本代表に向けての準備もあったが、もちろんそれより先に向けての準備も怠らなかった。

 甲子園を目指していた頃から、恩師の岡田龍生監督から常に言われてきた言葉がある。

「プロを目指すなら、野球が仕事になる。仕事になるということは野球でお金を稼ぐのだから、責任感を持たないといけない」

 その言葉を肝に銘じ、普段の生活態度や授業への姿勢には人一倍気を遣ってきた。生活態度に少しでも驕りがあれば、それは必ず野球にも出てくる。プロは結果がすべての世界。その中に身を置く以上は、今までに増して覚悟が必要だと、この日あらためて痛感した。

「プロ野球選手になると、今まで以上に周囲からの目が増える。これまでもそうだったんですけれど、今まで以上にしっかりとした行動を取っていきたいと思います。これからは周りの手本となるような行動をしていきたいです。子供の頃からの夢は、プロ野球の世界で活躍すること。今はまだスタート地点に立ったばかりなので、具体的な目標はしっかり力をつけてからです」

 すがすがしい表情でこう話したが、ある質問をされた時、語気が強まった。

「2月になるとキャンプが始まりますが、キャンプに向けて楽しみなことはありますか?」

人気記事ランキング