野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 近鉄バファローズの記憶と中村紀洋氏の激動の野球人生

近鉄バファローズの記憶と中村紀洋氏の激動の野球人生

「未完こそ完成」の価値観にならえば、近鉄バファローズは長い歴史を誇るプロ野球が世に送り出した最高傑作かもしれない。1949年の球団設立から2004年にオリックス・ブルーウェーブと合併するまで、55のシーズンでリーグ優勝を飾ったのは4度。頂点を見ることなく球団史に幕を降ろした悲哀が、猛牛軍団に唯一無二の物語性を付与している。

ドジャース在籍時の中村紀洋氏【写真:Getty Images】
ドジャース在籍時の中村紀洋氏【写真:Getty Images】

激動の野球人生を歩んできた中村紀洋氏

「未完こそ完成」の価値観にならえば、近鉄バファローズは長い歴史を誇るプロ野球が世に送り出した最高傑作かもしれない。1949年の球団設立から2004年にオリックス・ブルーウェーブと合併するまで、55のシーズンでリーグ優勝を飾ったのは4度。頂点を見ることなく球団史に幕を降ろした悲哀が、猛牛軍団に唯一無二の物語性を付与している。

 1979年、1980年、1989年のペナント制覇はいずれも語り草だが、2001年のリーグ優勝はとりわけ痛快だった。3月24日に迎えた日本ハムとの開幕戦は、初回に5点を奪われながら物ともせず、最終的に10対9と逆転勝利。極めつきは9月26日のオリックス戦で、9回に北川博敏氏が放った「代打逆転サヨナラ満塁優勝決定弾」は、史上最も劇的な優勝シーンとして記憶されている。

 この年、“いてまえ打線”が放った211本塁打とともに、叩き出した770得点も両リーグ最多なら、喫した745失点は同ワーストという、球団の歴史的なカラーを示す豪快さ。オープン戦は12球団最下位の2勝9敗で、開幕前に解説者が軒並み苦戦を予想するなか、前代未聞となる「前年最下位からのパ・リーグ優勝」を果たしてみせた。ところがこの年も、日本シリーズは1勝4敗で敗れている。

 強打者が居並んだこのチームの打線で、最もドラマチックなバッターが中村紀洋氏だった。リーグ最多の132打点を挙げて2年連続の打点王となっただけではなく、殊勲安打(先制打、同点打、勝ち越し打、逆転打、サヨナラ打の合計)33本はチームトップ。自己最多の46本塁打には、9月24日の西武戦で、9回に好敵手・松坂大輔投手から放ったライトスタンドへのサヨナラ2ランも含まれている。この一発で、大阪近鉄は12年ぶりのリーグ優勝へマジック1と王手をかけた。

人気記事ランキング