野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

史上初CS逸、巨人の年俸上位者は今年も変動 近年のトップ5はどうだった?

巨人は先週までに多くの主力選手が契約更改を終えた。今季、自身初の沢村賞に輝いた菅野智之投手は4億5000万円でサイン。11年ぶりにBクラスに沈み、減俸となる選手が多く出る中で大幅アップを勝ち取り、2018年は日本人年俸チームトップとなる見込みだ。

巨人・菅野智之【写真:Getty Images】
巨人・菅野智之【写真:Getty Images】

菅野が大幅アップの年俸4億5000万円でトップに浮上

 巨人は先週までに多くの主力選手が契約更改を終えた。今季、自身初の沢村賞に輝いた菅野智之投手は4億5000万円でサイン。11年ぶりにBクラスに沈み、減俸となる選手が多く出る中で大幅アップを勝ち取り、2018年は日本人年俸チームトップとなる見込みだ。

 3月にはWBCでエースとして侍ジャパンを牽引し、準決勝の米国戦でも圧巻の投球を見せた菅野。シーズンに入ってからも力の差を見せつけ、好投を続けた。25試合に登板し、17勝(5敗)、防御率1.59で投手2冠を達成。6完投、4完封もリーグ最多だった。

 11月28日には契約更改交渉を行い、2億2000万円増の年俸4億5000万円をサイン。来季は日本人のチームトップに躍り出る見込みとなった。

 昨年チームトップの年俸3億5000万円だった主将の坂本勇人内野手は、現状維持でサイン。菅野同様、WBCに出場した昨年の首位打者は今季も序盤から快調に飛ばし、通算1500安打もマーク。しかし、後半戦に失速し、打率.291、15本塁打、61打点と昨年から打撃成績を落とした。それでも、2年連続ゴールデングラブ賞に輝くなどチームを牽引。菅野には抜かれたが、来季はチーム2位の年俸となりそうだ。

 一方、山口鉄也投手は年俸2億2400万円でサイン。昨季の3億2000万円から9600万円の大幅減となった。巨人のブルペンを支え続けた鉄腕も、キャリアワーストの18試合の登板にとどまり、1勝1敗3ホールド、防御率4.05。3年契約を終え、大きく年俸を下げた。

 また、阿部慎之助内野手は5000万円減の2億1000万円で更改。今季は129試合出場で打率.262、15本塁打、76打点。チームトップだった2014年の6億円、15年の5億1000万円から、16年は3億2600万円、17年は2億6000万円、そして来季が2億1000万円とダウン更改が続いている。

人気記事ランキング